婚活応援コラム

婚活応援コラム 婚活応援コラム
  1. HOME
  2. 婚活応援コラム
  3. 婚活中に見極めて!交際・結婚すると後悔する女性の特徴
婚活中に見極めて!交際・結婚すると後悔する女性の特徴

婚活中に見極めて!交際・結婚すると後悔する女性の特徴

「そろそろいい年だし、家庭を持ちたいな」このような考えから、婚活をはじめようとしている男性も多いでしょう。
その場合、当然一緒に居て楽しく、お互いが笑顔でいられるような女性を相手に選びたいですよね。

しかし、婚活の場ではそういった素敵な女性とは正反対である、結婚したら絶対に後悔してしまうような女性も多く存在します。
今回はそんな結婚する前に見極めが必要な女性の特徴についてご紹介していきます。

付き合うと後悔する女性の特徴



若い女性
では早速、結婚したら後悔する女性の特徴についてご紹介していきます。
いくら外見がタイプであっても、こういった女性と結婚すると後悔することは免れませんので、そういった事態を避けるためにも婚活中にしっかりと見極めておきましょう。

出会ってすぐに学歴や年収などを聞いてくる


まだ出会って間もないのにもかかわらず、すぐに学歴・年収・家族構成などを根掘り葉掘り聞いてくるような女性は、そういったステータスにしか興味がない女性です。
その女性が好きなのはあなた自身ではなく、あなたが持っているステータスだけで、男性のことを「自分を着飾るアクセサリー」としか考えていないため、結婚は避けたほうがいいでしょう。

もしも「見た目がタイプ」だからといって結婚してしまうと、自分よりも条件のいい男性が現れた際にコロッと乗り換えられてしまうことも。

こちらの都合に一切合わせようとしない


「こちらの都合はおかまいなしで、急にデートへ誘ってくる」
「相手の時間が空いた時にしか会ってくれない」
など、こちらの都合に一切合わせようとしてくれない場合、その女性はあなた以外に本命の彼がいる可能性が高いです。

というのも、本当にあなたのことをいいと思っているのであれば、少なからず都合を合わせようとするのが普通だからです。
その様子が全く見られない以上、都合のいい男として扱われている可能性が高いので、心当たりがあるのなら一旦距離を置いて、冷静に彼女との関係を見直したほうがいいでしょう。





周囲の人に対する悪口が多い


家族・友人・会社の悪口ばかりを口にする女性も結婚は避けたほうが賢明。
これは性格の問題であり、注意したところで簡単に治るものではありませんので、これから一生悪口を聞かされてストレスを抱えることになってしまいます。

また、こういった女性は周囲の人ともトラブルになりがちで、夫はその対応に追われることになりかねませんので心身ともに疲れ果ててしまいますよ。

親との距離感が近すぎる


デートの度に自宅へ招いて親と会わせようとしたり、なにかと親側が干渉してきたりなど、親との距離感が近すぎる女性も危険。
このような女性と結婚すると、自分も相手の親との距離感が近くなりすぎてしまい、ラブラブな結婚生活とは程遠くなってしまいます。

とはいえ、家族仲が良好で親を大切にしていることは素晴らしく、愛情に恵まれて育った女性は他人への愛情も惜しみなく注げますので、親が大好きなこと自体は全く悪くありません。
これは程度の問題ですので、自分で判断できない場合は第三者にどう思うか聞いてみるのがいいでしょう。

高額なプレゼントをねだる


誕生日や記念日などに高額なプレゼントをねだってくるような女性は、あなたをATMとしてしか見ていない可能性が大。
普通、本当に高額な物がほしかったとしても、相手のことが好きなら「負担を掛けたくない」という心理によって自分から要求することはありません。

また、物欲が激しい女性に家計を任せるのは危険なため、ある程度男性側が金銭的な主導権を持つ必要があり、もめる原因にもなります。
結婚する前によく話し合ってみることをおすすめします。

お会計の時にお金をだそうとしない


基本的に婚活の場では、やはり男性がお金をだした方が交際成立しやすいのは事実です。
だからといって、お会計の時にお金をだそうとする仕草すら見せない女性は「男がお金を払うのは当たり前!」と考えている痛い女性ですので、早々に縁を切ったほうがいいでしょう。

このような価値観を持っている女性と結婚してしまうと、度々「男は○○して当然!」と価値観を押しつけられて窮屈な日々を強いられてしまいますよ。

束縛が激しい


「少し連絡が遅れただけで泣いたり、怒ったりする」
「女性と話すとすぐに嫉妬して拗ねる」
など、束縛が激しい女性も結婚相手には不向き。

男性は女性の束縛を「かわいい」と感じ、受け入れてしまう方が多いですが、かわいいと思えるのは最初のうちだけ。
束縛される日々が十年・二十年と続いていくうちにうんざりしてしまうことは間違いありませんので、ただの交際ならまだしも結婚は避けたほうが賢明です。

まとめ│後悔したくないなら婚活中にしっかりと見極めよう



虫眼鏡を見る男性
婚活をはじめると、今回ご紹介したような女性と出会うことも少なくありません。
そんな時、相手の見た目がタイプだったり、既に惚れてしまっていたりすると相手を見極めることが困難になり、後になって後悔する羽目に陥ってしまうことも。
そのため、婚活中には相手の女性を客観的に評価してくれる人が必要となりますが、中には「そのような友人がいない」「相談するのが恥ずかしい」という人もいるでしょう。

その場合は、仲人型と呼ばれる結婚相談所の利用をおすすめします。
仲人型結婚相談所では専任のカウンセラーが自分に付いてくれて、さまざまなアドバイスをしてくれますので、相手が結婚相手に相応しいかどうかも客観的視点から判断してくれます。
それだけではなく、自分の性格や価値観と相性のいい相手を紹介してもらえますので、より素敵な相手と出会えて幸せな結婚生活を送りやすくなりますよ。

結婚してから「思っていた女性と違った…」と後悔したくない男性は、そのリスクを限りなく減らすためにも結婚相談所で婚活をはじめることを検討してみてくださいね。

【記事公開日】2020/11/30
【最終更新日】2020/12/15

関連するタグ

関連記事