婚活応援コラム

恋愛に疲れた女性は要チェック!恋愛疲れの原因と対処法を徹底解説

facebook twitter line pocket

【記事公開日】2021/9/22
【最終更新日】2021/9/22

目次

    人生に彩りを与えてくれる恋愛ですが、楽しいことばかりではないですよね。中には「恋愛に疲れてしまった…」と感じている女性も少なくないでしょう。

    このような“恋愛疲れ”は決してめずらしいことではありません。しかし恋愛疲れからずっと抜け出せずにいる場合は、今の恋愛を一度見直してみる必要があるでしょう。

    また、いつも恋愛疲れで悩んでいるような女性は、もしかしたらあなた自身に恋愛疲れの原因があるかもしれませんよ。

    そこでこの記事では、

    ・恋愛疲れしてしまう原因
    ・恋愛疲れしやすい女性の特徴と対処法

    これらについてお話ししていきます。恋愛疲れで悩んでいる女性は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

    <h2 class="style2b" style="background:#000000;">恋愛疲れしてしまうのはなぜ?考えられる5つの原因</h2>


    そもそも、なぜ人はなぜ恋愛疲れしてしまうのでしょうか。ここでは恋愛疲れしてしまう主な原因を5つお話ししていきます。

    恋愛疲れに悩んでいる人は、今の恋愛を見直してみるよい機会かもしれません。まずは自分がなぜ恋愛疲れに陥っているのか、その原因から探っていきましょう。

    <h3 class="style3a" style="border-color:#cccccc;">(1)相手の気持ちが分からなくて不安</h3>

    付き合っている相手の気持ちが分からなくて、恋愛疲れしてしまうことはよくあるケースです。たとえ恋人同士の関係であったとしても、

    「本当に自分のことを好きでいてくれているのだろうか」
    「一緒にいるのにあまり楽しそうじゃないな…」

    このように、相手の気持ちが見えずに不安が募ってしまうこともあるでしょう。

    不安な気持ちを解消するために、相手にどう思っているのか問いただしてしまったり、気持ちを探ろうとしすぎてしまったりすると、かえって関係が悪化してしまうことも。

    そうなるとますます恋愛疲れが加速してしまいますから、疑心暗鬼になりすぎないことが大切ですよ。

    <h3 class="style3a" style="border-color:#cccccc;">(2)相手との価値観の違い</h3>

    価値観が違う相手と付き合っていると、どうしても恋愛疲れしやすくなってしまいます。

    金銭感覚や趣味嗜好、物事に対する考え方など、たとえ小さな価値観の違いであったとしても長く付き合えば付き合うほど疲れてしまうでしょう。

    また、相手に合わせて我慢してしまう女性ほど恋愛疲れに陥りやすくなってしまいます。そのため我慢しすぎるのは禁物ですが、お互いに言いたいことを言い合ってしまうと喧嘩になってしまうことも。

    いずれにせよ価値観の違いすぎる相手との恋愛は疲れてしまいますから、付き合いを続けること自体を考え直す必要があるかもしれません。

    <h3 class="style3a" style="border-color:#cccccc;">(3)相手からの束縛が激しい</h3>

    付き合っている相手の束縛が激しいと、恋愛疲れに陥ってしまいます。例えば、

    ・少しの間連絡しなかっただけで「どうして連絡してくれないの?」と責め立ててくる
    ・出かける際には、誰とどこに出かけるのかを問いただしてくる
    ・異性の連絡先を消すように求めてくる

    このように行き過ぎた束縛をされてしまうと身動きが取れなくなってしまいますし、「信用されていないのかな…」とつらい気持ちになりますよね。

    多少のやきもちや心配は誰にでもあることですが、あまりに行き過ぎた束縛は恋愛疲れの大きな原因になってしまいます。

    <h3 class="style3a" style="border-color:#cccccc;">(4)相手の異性関係が気になる</h3>

    付き合っている相手の異性関係が気になりすぎて、恋愛疲れしてしまうパターンもよくあるケースです。

    特に付き合っている相手が浮気性の場合、どうしても疑心暗鬼になってしまうもの。しかし相手の行動や誰と連絡をとっているかなどを常に気にしてしまうと、恋愛疲れに陥ってしまいます。

    また、付き合っている相手が浮気性というわけではなくても、異性関係がなんとなく気になってしまうこともあるでしょう。

    特に自分に自信がなかったり恋愛にのめりこみやすい人は、相手の異性関係を必要以上に気にしてしまう傾向があります。

    <h3 class="style3a" style="border-color:#cccccc;">(5)報われない恋愛をしている</h3>

    報われない恋愛を続けるのは、精神的に苦しいものです。例えば振り向いてくれない相手に片思いをしている場合などが挙げられます。

    相手の言動に一喜一憂したり、何度も諦めようと思っても諦められなかったりと、実らない片思いを長年続けていると恋愛疲れに陥ってしまいます。

    また、報われないという意味では不倫関係も当てはまるでしょう。そもそも不倫関係を続けていると、まともな人ほど罪悪感が出てくるものです。

    そして「お互いの家族に申し訳ない」「いつか周りにバレてしまうのではないか」と、気持ちが休まることがありません。そんな罪悪感や緊張感を抱えながらの恋愛は当然疲れてしまいますから、不倫関係は早めに切るべきです。

    <h2 class="style2b" style="background:#000000;">恋愛疲れしやすい女性の特徴4つ|対処法も合わせて紹介</h2>


    相手に何か原因があるわけでもないのに「なぜかいつも恋愛に疲れてしまう…」という場合、もしかしたらあなた自身に恋愛疲れしやすい原因があるかもしれませんよ。

    そこで、ここからは恋愛疲れしやすい女性の特徴4つと対処法をお話ししていきます。

    恋愛疲れしやすいと感じている女性は、当てはまることがないか今一度自分自身を見直してみましょう。

    <h3 class="style3a" style="border-color:#cccccc;">(1)受け身の女性</h3>

    何でも相手に合わせてしまう受け身の女性は、恋愛疲れしやすいと言えるでしょう。

    特に自分に自信のない女性は「相手から嫌われたくない」という思いから、自分の意見をはっきりと言えないことが多いです。

    しかしあまりにも受け身の姿勢が続いてしまうと、「この女性になら何を言っても大丈夫だろう」と思われて、相手に振り回されてしまいますよ。

    たとえ最初のうちは我慢できていたとしても、長く付き合い続けていくうちに恋愛疲れはどんどんたまっていってしまいます。そのため受け身であることを自覚している女性は、少しずつ改善していくべきでしょう。

    <h4><対処法></h4>

    受け身であることを自覚している女性は、まずは自分の思っていることを勇気を出して伝えることが大切です。
    嫌だと思うことややめてほしいこと、自分がしたいことなどをはっきりと伝えてみましょう。そして、そのときの相手の反応を確かめてみること。

    もし全く話を聞いてもらえなかったり、意見されたことに対して怒ってくるような相手であれば要注意です。そのような相手と付き合い続けると恋愛疲れがたまっていく一方ですから、別れることも視野に入れるべきでしょう。

    <h3 class="style3a" style="border-color:#cccccc;">(2)相手に依存しやすい女性</h3>

    相手に依存しやすい女性は、恋愛をすると相手が自分の全てになってしまいます。

    依存しやすい女性は、次のように相手のちょっとした言動に振り回されてしまいがちです。

    ・少しの間相手から連絡が来ないだけで、不安で何も手につかなくなってしまう
    ・相手が今どこで何をしているのか、気になって仕方がない
    ・相手のワガママや無理な要求も聞き入れてしまう

    このように些細なことで不安になってしまったり、相手の顔色をうかがったりするような恋愛は当然疲れてしまいます。

    また、依存しやすい女性は恋愛疲れしやすいというだけでなく、モラハラやDVの被害に合いやすい傾向もあります。そういった意味でも、早めに依存体質から脱却した方がよいでしょう。

    <h4><対処法></h4>

    相手に依存しやすい女性は、恋愛以外のことにも目を向けてみることをおすすめします。例えば仕事や趣味に打ち込んでみたり、友人と会う機会を増やしてみたりするのもよいでしょう。

    恋愛以外にも夢中になれることがあると、自然と相手に依存したくなる気持ちが薄れていき、恋愛疲れの解消が期待できます。

    また、相手以外にも色々な人とかかわりをもっておくことで、万が一DVやモラハラ被害にあったときに相談できるというメリットも。相手だけが自分の全てにならないように、少しずつ自分の世界を広げていきましょう。

    <h3 class="style3a" style="border-color:#cccccc;">(3)ネガティブ思考の女性</h3>

    ネガティブ思考の女性は、相手のちょっとした言動で不安を感じやすく、まさに恋愛疲れしやすいタイプと言えます。

    たとえば相手から連絡が来なかったり、少しそっけない態度を取られたりするだけで「嫌われてしまったかもしれない」と感じてしまったりすることはありませんか?

    また、ネガティブ思考の女性は実際には相手から愛されているにもかかわらず、「こんな自分を好きでいてくれるはずがない」などと自分を卑下してしまう人も少なくありません。

    ネガティブ思考を持ち続けていると、恋愛だけでなく人生も楽しむことができません。少しずつでも前向きな考え方に変えていきましょう。

    <h4><対処法></h4>

    ネガティブ思考の女性は、自分の頭の中だけで不安を生み出してしまっていることがほとんどです。相手のちょっとした言動をすべてマイナスに捉えてしまい、どんどん不安を増長させていってしまうのです。

    そんな実態のない不安を解消するためには、自分の頭の中で考えていることを紙などに書き出してみるとよいでしょう。

    紙に書くことで自分の不安を客観的に捉えることができるので、「そんなに心配することではなかったかもしれない」と思えるようになります。

    もしそれでも不安が消えなかったら、思い切って相手にその不安を打ち明けてみましょう。

    その際は「こういう不安を抱えているんだけれど、どうすればいいかな?」と、できるだけ感情的にならずに伝えることが大切です、

    そして不安の種となっている問題を2人で解決していくことで、自分の頭の中だけでネガティブに考える癖も改善されていきますよ。

    <h3 class="style3a" style="border-color:#cccccc;">(4)結婚に焦りを感じている女性</h3>

    結婚に焦りを感じている女性は、恋愛を楽しむ余裕がなく疲れてしまいます。

    「全然結婚の話が出ないけど、いつ結婚してくれるんだろう…」
    「家族や友人に会わせてくれないのは結婚する気がないから?」

    このように、結婚してくれない相手に対して不安を抱いてはいませんか?特に結婚適齢期を迎えている女性の場合、結婚に焦りを感じてしまうこともあるでしょう。

    また、自分と相手で結婚に対する温度差があればあるほど、余計に焦りが生まれてしまうものです。そして「結婚してくれるためなら」と、無理して相手に合わせてしまいがちです。

    いずれにせよ、結婚に焦りを感じながらの恋愛は当然疲れてしまうでしょう。

    <h4><対処法></h4>

    結婚に焦りを感じている場合、相手に結婚の意思があるのかを直接聞いて確かめてみましょう。

    そして相手に結婚の意思があるのであれば、今後どのような計画で結婚に向けて進んでいくのかをしっかりと話し合いましょう。結婚までの具体的な期限を設定する事で、少しは不安が軽減されるはずですよ。

    もし話し合いを避けようとしたり、結婚の意思がないとはっきりと言われた場合には、早めに相手に見切りをつけるべきです。

    結婚を考えていない相手との交際が長引いてしまうと、それだけ恋愛疲れの状態が続きますし、婚期を逃してしまう恐れがありますよ。

    <h2 class="style2b" style="background:#000000;">まとめ|恋愛に疲れたら無理をしないことが大切</h2>


    恋愛疲れしてしまう原因や、恋愛疲れしやすい女性の特徴・対処法についてお話ししました。

    恋愛は楽しいことばかりではありませんから、恋愛疲れは多かれ少なかれ誰にでもあるでしょう。しかし、疲れるだけの恋愛では心がもちませんよね。

    恋愛疲れの原因はさまざまですが、まずは自分が「なぜ恋愛疲れをしているのか」ということを一度立ち止まって考えてみましょう。

    そして恋愛疲れの原因を明らかにして、対処できることは対処し、そうでなければ無理をしないことが大切ですよ。

    facebook twitter line pocket

    関連するタグ

    最新の成婚エピソード

    1. トップ
    2. 婚活応援コラム
    3. 恋愛に疲れた女性は要チェック!恋愛疲れの原因と対処法を徹底解説
    東証一部上場グループ

    昭和56年創業「結婚相談所サンマリエ」。

    東証一部上場グループが運営する安心安全な優良結婚相談所。

    業界最大級の※7万人以上の会員から自由にお見合い相手を探せます。 真剣な出会いをお探しでしたら、ぜひお問い合わせください。

    ※日本結婚相談所連盟の加盟会員数を含みます。2021年5月実績(71,340名)