婚活応援コラム

独身貴族は自由でずるい?彼らの特徴や悩み、どんな人が向いているのかを徹底解説

facebook twitter line pocket

【記事公開日】2021/10/27
【最終更新日】2021/10/27

目次

    「独身貴族って、何にも邪魔されず好きなことに没頭できていいな」なんて思っていませんか?お金を持っていて悠々自適に暮らしているように見える独身貴族ですが、実際の生活はどうなのでしょうか。

    今回は、リアルの婚活業界を知っている私が独身貴族の特徴や悩みをお伝えします。「独身貴族に憧れる!」「独身貴族って実際はどうなんだろう?」と思っている男性は、ぜひじっくりと読んでみてください!

    <h2 class="style2b" style="background:#000000;">独身貴族とは</h2>

     
    こちらでは、そもそも独身貴族とはどんな人なのかをお話していきましょう。

    <h3 class="style3a" style="border-color:#cccccc;">独身貴族は独身をエンジョイしている人</h3>

    独身貴族とは、結婚をしないで独身生活を楽しんでいる人を指します。主に男性に対して使う言葉で、独身の女性は「おひとりさま」と表現することが多いです。

    独身貴族は結婚をせずに時間やお金に余裕があることから、既婚者が羨ましいという気持ちを込めて呼び始めたとか。「貴族のように自由気ままな生活でいいな」という羨ましさから、「独身貴族」と言われているのですね。

    <h3 class="style3a" style="border-color:#cccccc;">独身貴族の数</h3>

    実際、独身貴族はどのくらいいるのでしょうか?

    まずは国立社会保障・人口問題研究所「人口統計資料集」(国勢調査を基にした資料)から、独身男性の割合をまとめてみました。

    【独身男性の割合(20〜50代)】
    25〜29歳 72.7%
    30〜34歳 47.1%
    35〜39歳 35.0%
    40〜44歳 30.0%
    45〜49歳 25.9%
    50〜54歳 20.9%
    55〜59歳 16.7%

    さらに、年代別の平均年収を求人情報・転職サイトdoda(デューダ)を基にお伝えします。

    【男性の年代別平均年収(20〜50代)】
    20代 371万
    30代 484万
    40代 573万
    50代 661万

    独身貴族の定義は、独身生活を自由気ままに楽しんでいる人。つまり、お金も「生活費+趣味に使える費用」を稼いでいる人を指します。

    こちらのデータを基に見ると、独身貴族に当てはまる人は30代から多数見られるように思えますね。

    <h2 class="style2b" style="background:#000000;">独身貴族の特徴</h2>

    独身貴族と言えば、

    ⦁ 好きなことに時間やお金を注ぎ込んでいる
    ⦁ 同性だけではなく異性の友人も多く社交的でモテる
    ⦁ 比較的裕福な生活をしている

    これらをイメージする方も多いのではないでしょうか?

    では、実際の独身貴族にはどんな特徴があるのかお話しましょう。

    <h3 class="style3a" style="border-color:#cccccc;">お金や時間がある</h3>

    独身貴族は、自由に使えるお金があるのが特徴です。高級車やブランドの洋服など、気になるものはお金に糸目をつけずどんどん購入していきます。

    また、家庭を持っていないので自分のために使う時間もたくさんあります。休日は時間を気にせず友人と遊ぶことももちろん可能。急な呼び出しにも対応できるので、同性だけではなく異性の友人も多いです。

    <h3 class="style3a" style="border-color:#cccccc;">趣味が多い</h3>

    結婚をしていてお金や時間がないと、なかなか好きなことも満足にできませんよね。しかし、お金や時間のある独身貴族は気になることも全て実行してしまいます。

    映画鑑賞や読書などはもちろん、スノーボードやゴルフなど金銭的に余裕がないとできないような趣味も難なく行うことが可能です。

    <h3 class="style3a" style="border-color:#cccccc;">結婚する気はない</h3>

    金銭面に余裕があり毎日に追われていない独身貴族は、女性からよくモテます。社交的で様々な話題を持っておりお金にも困っていない男性は、女性にとって理想の結婚相手です。

    しかし、独身貴族は自分の好きなように過ごせる日常を気に入っているので、結婚をして壊すことは考えていません。結婚に対してメリットを感じていないため、交際期間が長くても家庭を持つのは難しいでしょう。

    <h2 class="style2b" style="background:#000000;">独身貴族をうらやむ男性は多い</h2>

    「独身貴族が羨ましい!」と思う男性は、既婚者・独身中の人のどちらにもいます。

    「結婚をする=1人ではなくなる」ということなので、独身時代のように自由に過ごすことはできなくなりますよね。
    時間もお金も結婚相手と共有することになるため、独身を謳歌している独身貴族を見ると羨ましいと感じるようです。

    また、「結婚したいけど相手がいないので独身貴族に憧れる」という人もいますが、本来独身貴族とは「結婚しようと思えばできるけど、あえて独身を貫く人」のことを指します。このため相手がいない場合は、理想的なパートナーを見つける婚活に励むのがおすすめです。

    このように多くの男性に憧れる独身貴族ですが、実は彼らにもいくつかの悩みがあります。

    <h2 class="style2b" style="background:#000000;">独身貴族の悩み</h2>

     
    毎日を自由に楽しく過ごしているように思える独身貴族。彼らの悩みを5つまとめてみました。

    <h3 class="style3a" style="border-color:#cccccc;">①体調が悪い時やイベント時に孤独を感じる</h3>

    体調を崩してしまった時、ふと看病してくれる人がいないことに寂しさを感じる独身貴族は多いです。体の具合が悪いのに何もかも全て一人でこなさなければいけないので、支えてくれる人が恋しくなるのでしょう。

    また、恋人のいない独身貴族はクリスマスやバレンタインなどのイベント時に孤独を感じることも多いとか。普段は1人を謳歌していても、特別な日に家族と過ごせる既婚者を羨ましく感じてしまいます。

    <h3 class="style3a" style="border-color:#cccccc;">②結婚の意思がないので好きな相手に受け入れてもらえない</h3>

    気になる相手ができても、結婚への価値観が異なってしまえば交際することは難しいですよね。

    学生時代とは異なり、社会人でお付き合いするということは結婚を意識する人も多いです。さらに、女性は妊娠を考えて早くに結婚したいという人も少なくありません。

    だからこそ結婚の意思がない既婚者は、友人としてはいいですが交際相手としては見られないのです。

    <h3 class="style3a" style="border-color:#cccccc;">③老後を意識した時に心細くなる</h3>

    独身貴族は、「年齢を重ねた時、自分のことを全て一人でできるのか」と不安に感じることもあります。老後に体調を崩してしまった時はどうしよう...と心配になるのです。

    また、独身貴族のまま定年し老後を迎えた時、直面するのがお金の問題でしょう。

    現実問題、老後に独身者は既婚者よりもお金がかかります。万が一病気になった時や介護が必要になった場合、一緒に生活を支えてくれる結婚相手や子供がいないので、お金を払って誰かに頼まなければいけません。

    独身貴族は介護を頼むにも家事を外注するのにも、そして施設に入るとしても、全て自分の貯蓄と収入で賄う必要があります。独身貴族に憧れているなら、老後にお金がかかることを押さえておき、万が一を想定して人生設計をするのがおすすめです。

    <h3 class="style3a" style="border-color:#cccccc;">④時間やお金を持て余すことがある</h3>

    時間とお金を好きなように使って人生をエンジョイする独身貴族ですが、やりたいことがなくなってしまったときに寂しさを感じます。

    ひとりは楽しいと思っていても、好きなことをやり尽くした後はずっと側で支えてくれる家庭に憧れを持つ人もいるようです。時間やお金を使っても手に入れられないものがあると感じた時に、このままでいいのかなと不安を覚えます。

    <h2 class="style2b" style="background:#000000;">独身貴族に向いている人の特徴とは?</h2>

     
    良いところだけではなく悩みも抱えている独身貴族ですが、「それでも憧れる!」という男性も多いでしょう。そこでこちらでは、独身貴族に向いている男性の特徴を5つ挙げてみました。

    <h3 class="style3a" style="border-color:#cccccc;">①惚れやすく飽きっぽい人</h3>

    すぐに女性を好きになってしまい、交際したと思ったら飽きてしまうような男性は、恋愛に縛りのない独身貴族が向いています。独身なら自分の気持ち次第で簡単に交際相手を変えることができるので、好きなように恋愛をしたい人は独身貴族がぴったりです。

    結婚とは、相手と2人で生活をしていくということ。好きな相手がコロコロと変わってしまうのであれば、結婚はおすすめしません。

    <h3 class="style3a" style="border-color:#cccccc;">②趣味や仕事の邪魔をされたくない</h3>

    自分が打ち込んでいる趣味や仕事に集中したいなら、1人で生活スタイルを決められる独身貴族が良いかもしれません。

    結婚をするとどうしても家族ありきの生活になります。「仕事が終わったら朝まで好きなことをしたい!」「休日はとことん趣味に没頭したい」という人は、自由に行動できる独身生活を続けていくのがおすすめです。

    <h3 class="style3a" style="border-color:#cccccc;">③一人で行動することが好き</h3>

    結婚はどんな時も支えてくれる相手ができるということ。しかし、自分一人で行動するのが好きなのであれば、独身貴族を検討してみても良いでしょう。

    一方で、独身の今少しでも寂しさを感じるのなら結婚も視野に入れてみましょう。帰る家庭があると精神的にも安定しますよ。

    <h3 class="style3a" style="border-color:#cccccc;">④自分のお金を自由に使いたい</h3>

    「自分で稼いだお金は好きなように使いたい!」という人は、独身を続けた方が楽しく過ごせるかもしれません。

    結婚はどうしてもお金を共有することが増えてきます。出産や養育費など子どもができた場合はさらに出費が増えるので、今までのように自由にお金を使いたいなら独身貴族も検討してみましょう。

    <h3 class="style3a" style="border-color:#cccccc;">⑤自分の生活ペースを崩されたくない</h3>

    今まで過ごしてきたライフスタイルを貫きたいなら、結婚は向かないでしょう。

    2人で同居するからには、相手に合わせなければいけないことも必ず出てきます。その時、「今までのように自由に過ごしたい」という気持ちを相手に押し付けるのは厳禁です。

    相手に合わせた生活をするのが嫌なら独身貴族を選ぶ方がいいでしょう。

    <h2 class="style2b" style="background:#000000;">まとめ | 憧れの独身貴族にはメリットもデメリットもある</h2>

    お金と時間を自由に使い毎日をエンジョイする独身貴族は、他男性にとって羨ましく見えるかもしれません。しかし、独身貴族は彼ら特有の悩みを抱えています。もし独身貴族に憧れているなら、メリットだけではなくデメリットも押さえておきましょう。

    また、結婚できる要素があるのにあえて結婚を選ばないのが独身貴族です。結婚したくてもできないのなら、独身貴族を目指すよりも婚活をして結婚相手を探した方が後々後悔しませんよ。

    facebook twitter line pocket

    関連するタグ

    最新の成婚エピソード

    1. トップ
    2. 婚活応援コラム
    3. 独身貴族は自由でずるい?彼らの特徴や悩み、どんな人が向いているのかを徹底解説
    東証一部上場グループ

    昭和56年創業「結婚相談所サンマリエ」。

    東証一部上場グループが運営する安心安全な優良結婚相談所。

    業界最大級の※7万人以上の会員から自由にお見合い相手を探せます。 真剣な出会いをお探しでしたら、ぜひお問い合わせください。

    ※日本結婚相談所連盟の加盟会員数を含みます。2021年5月実績(71,340名)