婚活応援コラム

自分に合った婚活のやり方を選んで、幸せな結婚への第一歩を踏み出そう!

facebook twitter line pocket

【記事公開日】2021/5/20
【最終更新日】2021/5/21

目次



    婚活をスタートするうえでチェックしておきたいのが、自分に合った婚活のやり方です。

    さまざまな婚活方法がありますが、「とりあえず手軽な方法からはじめてみた」という人のなかには、上手くいかずに悩んでいる人もたくさんいます。

    その理由は、自分に合った婚活方法を知らなかったばかりに選択ミスをしてしまっているからです。婚活方法が合っていないと、せっかく努力をしていても、なかなか成婚にはたどりつけません。

    この記事では、婚活のやり方やタイプ別のおすすめのやり方などをご紹介します。

    婚活のやり方がわからない人へ!婚活の種類を紹介


    悩む男性
    そもそも婚活のやり方が分からない人向けに、5種類の婚活方法を取り入れやすい順にご紹介します。

    友人・知人の紹介


    自分の性格やライフスタイルなどを理解している人からの紹介なので、相性のよい人と出会いやすいのが最大のメリットです。

    相手の素性がはっきりしているため、安心して会えます。また、友人・知人からフォローしてもらえる場合が多く、スムーズに関係を進めやすいです。

    合コン・街コン・イベント婚


    数人から数十人規模で行われるので、多くの参加者のなかから自由に出会いを楽しめる婚活方法です。複数の異性と会話をしながら、フィーリングの合う相手を探せるのがメリットです。

    婚活アプリ(マッチングアプリ)


    婚活アプリやマッチングアプリに登録して、年齢や職業、趣味などの条件から自由に相手を検索して申し込む、または申し込まれる婚活方法です。アプリによっては登録者の数が多く、たくさんの人から好みの人を選べます。

    アプリ登録の際に、本人確認や年齢確認が必要なため、ある程度安心して婚活ができます。対面で合うまでに、メッセージで複数回やりとりをするため、相手の人柄や価値観を知れるのも魅力です。

    結婚ではなく恋愛が目的の人もいるので、早めに相手の意志を確認すると効率的です。

    婚活パーティー


    年齢別、趣味別、職業別などさまざまなタイプの婚活パーティーがあります。なかには、バスツアーや一緒に料理をつくるなど体験型のパーティーもあります。

    多くの婚活パーティーで、参加者全員と一対一で話す機会があるのがメリットです。ただし、一人の参加者と話す時間は短めなので、短時間でコミュニケーションをとる必要があります。

    結婚相談所


    真剣に結婚を考えている人だけが登録しているのが、最大のメリットです。相談所による手厚いサポートや相手の身元が保証されているなど、成婚しやすい条件が揃っています。

    ただし、身元確認やサポートなどがしっかりしている分、料金は高めです。

    年齢に合った婚活のやり方を詳しく解説


    セレクト
    婚活をするうえで年齢は非常に重要な要因です。どんなに魅力があっても、年齢によっては不利になってしまう婚活方法があります。

    年齢に合わせたやり方で婚活をすることが、幸せな結婚への近道です。

    20代の場合


    男女ともに年齢的に売り手市場なので、基本的にはどの方法でも問題ありません。異性を見る目を養うという意味でも、経験を積みながら相性のいい人を探すのがおすすめです。

    30代の場合


    30代は婚活をしている人が多く、最も層の厚い年代です。おすすめの婚活のやり方を男女別に紹介します。

    女性の場合は、30代前半は、合コンや街コンといった若者向けのイベントはだんだん参加しにくくなってきます。30代後半になると、マッチングアプリなどでも、出会いが少なくなってきます。婚活パーティーや結婚相談所などがおすすめです。

    男性の場合は、30代前半であれば、どのやり方でも大丈夫です。30代後半になると、子どもを望む場合はタイムリミットが近づいてきています。そのため、30代後半の男性は真剣に結婚を考えて活動する人が増えてくるイメージがあり、30歳前後の女性から人気があります。婚活アプリや年代別の婚活パーティーなどで、積極的に相手を探しましょう。

    40代の場合


    40代になると、男女ともに子どもを望んでの婚活が難しくなります。合コンや街コン、婚活アプリでは、参加者・登録者のなかでも年齢が高い方になってしまい、不利になりがちです。

    参加者の年齢を絞った婚活パーティーや、サポートが充実した結婚相談所での婚活がおすすめです。

    50代以上の場合


    シニア層限定のイベント系婚活やバスツアーなどが活発に開催されているので、積極的に参加するのがおすすめです。確実に結婚したいなら、結婚相談所がおすすめです。シニア層の婚活のサポート経験が豊富なので、的確なアドバイスをもらえます。

    また、50代以上で婚活をしている人のうち、再婚希望者は半数以上。初婚の相手を希望すると、それだけで出会いのチャンスが大幅に減ってしまいます。まずは一度会ってみてから判断するなど、柔軟に対応することが大切です。

    間違った婚活を続けるデメリット


    頭をかかえる女性
    婚活は精神的負担がとても大きいといわれています。間違ったやり方を続けることにより、ずっと結果が出ないと、婚活ウツになってしまい、気分が落ち込んでしまう場合もあります。

    間違ったやり方で婚活を続けると、以下のようなデメリットがあります。
    ・全然よい相手と出会えない
    ・何回申し込んでも断られる
    ・出会えたとしても続かない
    ・お付き合いしても相手が結婚を考えてくれない

    このような状況に陥ると、精神的に追い込まれ、婚活を続けられなくなってしまいます。上記のような理由で婚活をやめた場合、数ヶ月~数年くらいでまた結婚願望がわいて、婚活を再開するケースも多いです。

    自分に合った婚活のやり方をすることで、婚活ウツを防ぎ、スムーズに結婚できる可能性が高まりますよ。

    自分に合った婚活のやり方を見つけるコツ


    OKサインの女性
    自分に合った婚活のやり方を見つけるためには、その婚活のやり方にどんな人が向いているかを知ることが切です。婚活方法別にご紹介します。

    友人・知人の紹介に向いている人の特徴


    ・友人・知人からのアドバイスを素直に受け入れられる
    ・友人・知人を交えてグループで遊ぶのを楽しめる
    ・職業などの条件や人柄など信頼できる人と出会いたい

    逆に、友人・知人に自分の恋愛について話したくないといった人にはあまり向いていません。

    合コン・街コン・イベント婚に向いている人の特徴


    ・大勢でわいわい盛り上がるのが好き
    ・自分から連絡先を聞くなど次につながるアクションができる
    ・金銭的な負担をおさえて婚活したい

    人見知りしやすい人、早めに成婚したいという思いが強い人ですと、思うように結果が出ない可能性が高いです。

    婚活アプリ(マッチングアプリ)に向いている人の特徴


    ・たくさんの参加者がいるイベントだと緊張する
    ・仕事などで忙しいので、空いた時間で婚活をしたい
    ・多くの異性とやりとりして、自分に合った相手を見つけたい

    やりとりに時間がかかるので、早めに結婚したい人にはあまり向いていません。また、相手の身元がわからない場合も多いので、適度に警戒心を持って行動する必要があります。

    婚活パーティーに向いている人の特徴


    ・たくさんの異性と話して、好みの相手を見つけたい
    ・短時間で自分のよさをアピールできる
    ・年齢や職業、年収などの条件をチェックしたい

    自分をアピールするのが苦手な人、見かけや第一印象、条件に自信がない人の場合、やや不利な婚活のやり方です。

    結婚相談所に向いている人の特徴


    ・プロの手を借りてスムーズに婚活を進めたい
    ・自分に合った相手を、プロに見極めて紹介してもらいたい
    ・お付き合いする前に、身元や条件をしっかり把握したい
    ・費用がかかっても、早めに結婚したい

    婚活にお金をかけたくない人やまずは恋愛からスタートしたい人の場合、他の婚活のやり方がおすすめです。

    婚活がうまくいかない人に共通する3つの特徴


    NG
    どの婚活のやり方を試してもうまくいかないという人には、共通する3つの特徴があります。もし当てはまる場合は、少しずつ改善すると、結婚へ近づけますよ。

    自分の市場価値がわからずに高望みしている


    自分の市場価値を理解せず、望みのない相手にばかり申し込んでいると、婚活はうまくいきません。婚活の場には、一回り以上、年下の女性だけに申し込む男性や、高収入・高学歴などハイスペックな男性ばかりに申し込む女性がいます。

    しかしそういった相手は、当然申し込みが多く、断られてしまう場合がほとんどです。しかし、本人は高望みだと思っていないことが多く、ほとんどの人は、婚活が上手くいかない理由を理解していません。

    解決するには、どんな相手が自分とマッチするのか、相談しながら婚活できる結婚相談所がおすすめです。

    数を打てば当たると思い、ターゲットを絞らない


    たくさん異性に会えばそのうちによい相手に出会えると思い込んで、ターゲットを絞らずにひたすら申し込むと、婚活に成功しにくくなります。

    婚活をする目的は「結婚」のはずです。相手の内面に向き合わず、少し嫌な面が見えたらすぐ次に行けばいいという考え方では、うまくいきません。結婚相談所であれば、経験豊富な担当スタッフがある程度は相手を絞ってくれます。

    コミュニケーション能力があまりない


    婚活の目的は、結婚を前提に交際する人を探すことです。ずっと一緒に生活する相手を選ぶ際に、居心地のよさは重要なポイントです。もし、一緒にいて居心地が悪いなと思われたら、出会いがあったとしても長くは続きません。

    居心地のよさの決め手となるコミュニケーション能力を高めるには、それなりの訓練が必要です。セミナーや結婚相談所の婚活講座などを利用して、コミュニケーションスキルを磨くのがおすすめです。

    上記3つ以外で婚活が上手くいかない原因としては、男性が低スペックであることがあげられます。定職についていない、年収が200万円~300万円といった場合、条件的には厳しいです。結婚相談所に入会できない場合があるので、フィーリング重視で出会える婚活パーティーの方がおすすめです。

    まとめ|自分に合った婚活のやり方が、結婚への近道に!


    自分に合ったやり方で婚活をすることで、より早く相性のよい相手に出会えます。逆に合わないやり方で婚活を続けると、結果を出せないまま時間だけが経ってしまい、婚活ウツになってしまう可能性も…。

    「婚活のやり方が分からない」「婚活が上手くいかない」という人は、どんな婚活のやり方が向いているかしっかり考えるのをおすすめします。よりスピーディーに結婚へと近づけますよ。
    facebook twitter line pocket

    関連するタグ

    最新の成婚エピソード

    1. トップ
    2. 婚活応援コラム
    3. 自分に合った婚活のやり方を選んで、幸せな結婚への第一歩を踏み出そう!
    東証一部上場グループ

    昭和56年創業「結婚相談所サンマリエ」。

    東証一部上場グループが運営する安心安全な優良結婚相談所。

    業界最大級の※7万人以上の会員から自由にお見合い相手を探せます。 真剣な出会いをお探しでしたら、ぜひお問い合わせください。

    ※日本結婚相談所連盟の加盟会員数を含みます。2021年5月実績(71,340名)