婚活・恋活を応援!恋のビタミン
恋活・婚活を応援するサイト恋のビタミン
  1. 結婚相談所 サンマリエ
  2. >
  3. 婚活応援サイト恋のビタミン
  4. >
  5. 婚活
  6. >
  7. マッチングアプリで付き合うまでの流れと平均期間
マッチングアプリで付き合うまでの流れと平均期間
婚活 マッチングアプリ 婚活アプリ 婚活のはじめ方

これからマッチングアプリを利用しようと思っている方の中には、「どのような流れでお付き合いするのか」「どれくらいの期間で付き合うのが一般的なのか」を知りたい方もいるはずです。

そこで今回は、マッチングアプリで付き合うまでの流れと、平均期間について詳しくご紹介します。

この記事を読み、自分の希望と合っていると感じた方は、ぜひマッチングアプリの利用を始めてみてくださいね。

マッチングアプリの基本的な使い方

ではまず、マッチングアプリの基本的な使い方から詳しく解説していきましょう。

プロフィールを作成する

マッチングアプリに登録したら、まずはプロフィールを作成します。プロフィールには年齢や居住地などの基本情報のほかに、趣味や仕事内容などを入力するのが一般的です。

ただ必要な情報を入力するのではなく、「どんな人と出会いたいのか」「相手とどんな関係性を築きたいのか」といった希望も入れることがポイント。

そうするとあなたの希望に合ったお相手からお声をかけてもらえる可能性がアップしますよ。

掲載する写真を選ぶ

プロフィールを入力したら、次に掲載する写真を選びます。写真に細かな決まりはありませんが、出会いにつなげるためには、明るく笑顔の写真や、あなたの趣味やライフスタイルが伝わる写真を選びましょう。

アプリによっては複数枚の写真を掲載できる場合があるので、さまざまな角度からの写真を用意するのがおすすめです。

写真は自撮りより、知人や友人、プロに撮ってもらったものを使うほうが出会い率がアップします。

自己紹介文の書き方

ほとんどのマッチングアプリはプロフィールとは別で、自己紹介文を自由に記入できるようになっています。

自己紹介文は定型文ではなく、あなた自身の言葉で想いを書くことが大切です。趣味の話や仕事への情熱、将来の夢など具体的なエピソードを書くとお相手に興味を持ってもらえます。

もしどのような自己紹介文を書いたらよいかわからない場合は、以下の記事で詳しく解説していますので、ぜひそちらも参考にしてくださいね。

好感度の高いマッチングアプリのプロフィール【例文付解説】

マッチング~メッセージのやり取りまで

では次に、相手とマッチングしてメッセージをやり取りするまでの流れを解説します。

相手にいいね!を送る

マッチングアプリでは、お互いに「いいね!」を送り合うとマッチングが成立し、メッセージのやり取りができるようになります。

「いいね!」をする相手を選ぶときはプロフィールをよく読み、共通点や共感できる点を見つけてアピールすると、マッチング率が高まるのでぜひ参考にしてください。

中にはメッセージを添えて「いいね!」を送れるアプリもありますので、そのような場合は次の項目のアドバイスを参考にしてメッセージを送りましょう。

最初に送るメッセージ

相手とマッチングが成立してメッセージが送れるようになったら、相手のプロフィールについて触れながら、挨拶と共に自己紹介をしましょう。

初めてのメッセージでなれなれしいタメ口を使うと、遊び相手探しと見られるのでNG。

たとえば、「〇〇さんの旅行の写真素敵ですね!私も旅行が好きで、先月は〇〇に行って来ました。」のように、共通の話題を取り上げながら丁寧な文章を心がけましょう。

最初に送るメッセージでは長文は避け、簡潔でわかりやすい内容にすることもポイント。多くても200文字くらいにしておくのが良いでしょう。

2回目以降のメッセージの頻度と内容

2回目以降のメッセージの頻度ですが、必ずしも毎日連絡を取り合うことが良いわけではありません。

どちらかが無理をしているようなペースでは、関係は良い方向に進まないでしょう。相手のペースに合わせて、お互いが無理のない頻度でメッセージを送ってくださいね。

2回目以降のメッセージの内容ややり取りのコツについては、以下の記事で詳しく説明していますので、そちらもチェックしておきましょう。

マッチングアプリでメッセージが続かない理由は?やり取りのコツを例文で紹介

実際に会うまでの流れ

メッセージのやり取りが上手くいけば、次は実際に会うことになるでしょう。会うまでの一般的なステップは以下のとおりです。

メッセージでコミュニケーションをとる

2回目以降のメッセージの中で、唐突に「会いましょう」と言っても、相手の心の準備が整っていなければお断りされてしまうかもしれません。

メッセージで趣味や仕事、休日の過ごし方について話したりする中で、共通点や相違点が見えてくると、相手も実際に会うことを考えてくれるようになるでしょう。

また、将来に対する考え方や結婚観など、少し踏み込んだ話題にも触れてみると、より相手への理解を深めることができ、お互いの「会ってみたい気持ち」が高まるはずです。

会う約束をするタイミングについて

実際に会うタイミングは、早すぎても遅すぎても相手に違和感を与えてしまう可能性があるので慎重に決めるべきです。

おすすめはやり取りの中で自然な流れで提案すること。たとえば、「〇〇が好きなら、一緒に△△に行ってみませんか?」といったように具体的な提案をすると、相手もOKしやすくなるのでぜひ参考にしてください。

初デートを計画する

初めてのデートを計画するときは、相手に好印象を与えられるようなプランを練りましょう。

自分だけの希望を基準に決めるのではなく、相手の好みを事前にリサーチし、好みに合わせたプランにすることがポイントです。

たとえば、映画館や美術館、遊園地など、共通の趣味を楽しめる場所へ行く、カフェやレストランでゆっくりと会話を楽しむなどがおすすめ。

初デートの選び方やおすすめスポットについては以下の記事も参考にしてください。

初デートは場所選びが重要!初デート場所の選び方やおすすめスポットを紹介

付き合うまでの平均期間は?

では次に、相手と付き合うまでの平均期間について見ていきましょう。

マッチング~初デートまでの期間

一般的にマッチングから初デートまでは、1週間〜1ヶ月程度が目安と言われています。

マッチングから時間が空いてしまうと、メッセージだけのやり取りで満足してしまうかもしれません。

そのため、遅くてもマッチングから1ヶ月以内には初デートをしようと思う方が多いのでしょう。

初デート~交際開始までの期間

一般的に3回目のデートで告白し、お互い気持ちが同じであれば交際となることが多い傾向にあります。

ただし、交際開始からしばらくは、まだ恋人というよりはお試し期間です。実際に交際してみて、恋人同士になるか検討する方がほとんどでしょう。

交際開始~恋人になるまでの期間

もちろんカップルによって違いがありますが、お互い相手のことが好きなら、交際開始から2〜3回のデートを経て恋人同士になることが多いでしょう。

交際開始からすぐに恋人同士だと思っていると、実はお試し期間だったという可能性があります。

認識の違いをなくすために、恋人同士になるのは交際開始から数回のデートを経たあとの可能性もあると覚えておいてくださいね。

マッチングアプリに疲れた時の対処法

もしなかなか恋人ができずマッチングアプリに疲れてしまったら、一度ほかの婚活サービスと併用してみましょう。

婚活の方法はマッチングアプリ以外にもいろいろとあり、ほかの方法があなたに合っているかもしれません。

疲れてはいないけれど、アプリで出会いを探すのがめんどうに感じてしまったときは、やり取りする人の人数をしぼったり、活動期間を決めてみたりしてみてはいかがでしょうか。

以下の記事ではマッチングアプリに疲れたときと、めんどうに感じたときの対処法をご紹介していますので、困ったときはぜひ参考にしてくださいね。

マッチングアプリに疲れる原因と対処法を男女別に紹介
マッチングアプリがめんどくさい!という人の特徴や効率よく活用する方法を紹介

まとめ

マッチングアプリで相手と恋人同士になるまでの流れを理解しておけば、初めて利用する方でも、戸惑うことなく順調にやり取りを進められるでしょう。

恋人になるまでの期間はあくまでも平均値であり個人差があります。平均より遅くても決して焦ることなく、じっくりと相手との関係を深めてくださいね。

恋のビタミンでは貴方の「隠れた恋愛傾向」や「理想の結婚相手」がわかる診断テストをご用意しています。
よろしければ、無料ですので診断してみてはいかがでしょうか?
人気記事