婚活応援コラム

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 婚活コラム
  4. アラサー・アラフォー女性におくる!正しい結婚相談所の選び方

アラサー・アラフォー女性におくる!正しい結婚相談所の選び方

「結婚相談所に興味があるけど、どこに入ればいいの?」
「いっぱいありすぎて、どうしよう…」
たしかに、数ある結婚相談所から選ぶのは大変です。
とはいえ、どこでもいいからとにかく入会、という考えは逆効果。結婚が遠のく可能性もあり、ある程度慎重さも必要です。
そこで今回は、正しい相談所の選び方をご説明。
時間もお金もムダにしないため、ぜひご活用ください。

結婚相談所の種類

まず、結婚相談所の基本を知っておきましょう。
大きく2つのタイプがあり、それぞれに特徴も異なります。
どうしても料金に目が行ってしまいますが、これはサービス内容やサポートの厚みを反映するもの。そのため、値段だけではなく質を見極めるようにしましょう。

データマッチング型

これは、自分の登録データや希望条件をベースに、相手を紹介してくれるサービスのことです。
たとえば「30代 年収500万円 ○○県在住の男性」を希望した場合、そのデータに合致する人を自動的に割り出してリストアップします。
データ紹介がメインのため、とにかく低コストがメリット。また、スタッフとの面談も必要最低限のため忙しい人には向いています。
ただ、その反面、サポートがあっさりしているのも事実。
紹介された相手とのやりとりは、基本的にすべて自分でしなければいけません。また、引っ込み思案なタイプだと、出会いがないまま在籍が長引くことも。
そのため、どちらかと言うと積極的な人や、恋愛スキルに自信がある人のほうが適していると言えるでしょう。

仲人型

一方、仲人型はサポートの手厚さが魅力です。
各会員には専任の担当スタッフがつき、相手へのアプローチからデートの設定、上手くいかない時の相談など二人三脚で応援してくれます。
もちろんデータマッチングの要素もあり、出会いが少ない場合には「希望条件が実情とあっているか」など戦略的なアドバイスにも乗ってくれるのが心強いところです。
当然、スタッフとのやり取りはデータマッチング型より多くなりがちですが、人付き合いに自信がなかったり、いち早く結婚したいと思う人には却って近道となる場合もあります。

以下のページも併せてご覧くださいね。
データマッチング型 今どきの結婚相談所は?
結婚相談所のオススメは仲人型!その理由とは?

選ぶポイント

では、こうした基本を知ったうえで、さらにどこに注意すればいいのでしょうか?

会員の年齢層

まず大切なのは、好みの年齢層がいるかどうかです。
というのも、ひとくちに結婚相談所といっても、入会者の年齢にはバラつきがあるからです。
たとえば、30代女性が20代女性の多いところに入ってしまうと、どうしてもライバルが多くなりがち。そのため、少しでも早くゴールインするには同年代以上の年齢層が多い結婚相談所が向いています。

因みに、「30代で結婚相談所は早すぎるかも?」と思うかもれませんが、決してそんなことはありません。
ある調査では、30歳男女の約4割が「結婚相談所を利用してみてもいい」と答えており(※1)、また実際に日本結婚相談所連盟の会員でもっとも多いのが30代前半~40代前半のアラサー・アラフォー世代(※2)です。
こうしたデータも参考にしながら、自分にあった年齢層の相談所を見つけるようにしましょう。

サポート内容

また、入会後に大切なのは「どんなサポートをしてくれるか」です。
「結婚相談所の種類」でお伝えしたとおり、料金によってサポート内容はかなり異なってくるもの。そのため、目当ての相談所がマッチング主体なのか仲人型なのかを、必ずチェックするようにしましょう。
たとえば「お見合いが可能」と書いてあっても、実際にはデートの日程調整などこまごました部分は会員任せの可能性もあります。
一方、仲人型ではスタッフ同士で万事はからってくれるうえ、プロポーズについてもプロ目線でアドバイスしてくれます。
このように、サポート次第で会員の負担はかなり変わるため、具体的な内容を必ず確認する必要があるのです。

入会前の審査

そのうえ、入会前の審査内容についても確認するようにしましょう。
というのも、結婚相談所には一定の年齢や年収、職業、独身証明などの基準があり、こうしたフィルターが会員のクオリティに直結するからです。
逆にいうと、プロフィールの詐称被害などを防ぐには、この基準がしっかりした相談所でないといけません。
また、大切な個人情報を相談所に提供するわけなので、管理体制の確認もしたほうがベターです。

選ぶときの注意点

では、こうしたポイントを押さえたうえで、最後に見落としがちな部分を3つご説明します。

料金設定

まずは料金ですが、額面だけではなく「費用対効果」を見極めるようにしましょう。
「結婚相談所の種類」でも触れましたが、マッチング型・仲人型では人件費がまったく異なるためです。
たとえば仲人型では、サポートスタッフの人件費が含まれるため、データマッチング型よりも高くなりがちです。
また、料金が極端に安かったり、男女どちらかが無料の場合には、活動中や退会時に費用を請求されるケースもあります。お見合いなどの追加料金や、成婚料(成婚退会時に払う成功報酬)もさまざまです。
このように、入会金や毎月の料金だけでなく、イベントごとのコストも確認するようにしましょう。

成婚率

くわえて、各相談所の「成婚率」も必ずチェックが必要です。
というのも、それぞれに成婚率を公開していますが、「成婚退会者数÷退会者数」だったり「成婚退会者数÷会員数」だったりと定義はさまざまだからです。あえて成婚率を公表していない場合もあるくらいです。
また、当然ながら結婚相談所との相性もあるため、「成婚率が高い=自分に合っている」とは限りません。
そのため、数字にとらわれるのではなく、中身を検討することが肝心です。

見学も大切

これに関連することですが、データや公式情報では分からない部分を知るうえで「相談所の見学」はとてもオススメです。
ネットで検索すれば公式情報や口コミは色々と出てきますが、実際の雰囲気やスタッフの人柄までは決して見えてきません。
また、自分が見落としているポイントも、スタッフと話すうちに気付ける場合だってあります。
そのため、「思っていたのと違った」とならないためにも、気になる相談所は見学し、疑問に思う部分は質問するようにしましょう。

まとめ

今回は、婚活初心者のための結婚相談所の選び方をご紹介しました。
主に2つのタイプがあることや、料金だけでなく自分との相性やサポート内容も考える大切さをお分かり頂けたでしょうか。
多種多様なサービスがありますが、最終的にカギとなるのは「相談所やスタッフを信頼できるかどうか」。
頼れる相談所と出会うためにも、下調べや見学、問い合わせをしてより良いスタートが切れるといいですね。
皆さんの婚活を応援しています。

自然な出会いを望む女性へ。結婚したいなら婚活することも考えるべき理由とは

■参照
1)婚活総合サービス 株式会社IBJ「30歳の恋愛・結婚事情」
2)日本結婚相談所連盟(婚活総合サービス 株式会社IBJ) 「婚活会員データ」


【記事公開日】2020/04/14
【最終更新日】2020/05/28

関連記事