婚活応援コラム

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 婚活コラム
  4. 年齢を原因に婚活をはじめられない男女へ│結婚率は気にする必要なし

年齢を原因に婚活をはじめられない男女へ│結婚率は気にする必要なし

「女は35歳を過ぎたら結婚率が下がるから、今更婚活しても無駄」
「50歳を越えたし、もう婚活しても誰も相手にしてくれないはず」
このような心理から、結婚することを諦めてしまっている40~50代の方も多いでしょう。

確かに年齢が上がるにつれ、結婚率は比例するように下がっているのが事実ですので、ネガティブな考えを抱くのも無理はありません。
しかし、いくら結婚率が下がるといっても、結婚を諦める必要はどこにもないのです。

なぜそのように言えるのか、今回はその理由についてお伝えしていきます。
年齢を原因に婚活をはじめられない方は、本記事を参考にすることで不安を取り除き、安心して婚活をスタートさせてくださいね。



結婚率を気にする必要はない理由

なぜ、結婚率を気にする必要はないと言えるのか。
その理由は単純に、40~50代から婚活をはじめて結婚できた方が多くいるためです。

確かに年齢が上がるにつれ比例するように結婚率は下がるものの、それはあくまで統計的な数字。
40~50代でも結婚できる方がいる一方で、結婚適齢期のはずの20代~30代前半であっても結婚できない方も多くいますので、結婚率を自分に当てはめる必要はないのです。

結局のところ、結婚できるか否かは本人次第なのですから、「○○歳から結婚率が下がっているからもう無理だ」と考え、結婚を諦めてしまうのはもったいないですよ。

婚活しているのに一向に結婚できない人の特徴

先に「40~50代でも結婚できる方がいれば、20代~30代前半であっても結婚できない方もいる」とお伝えしましたが、その違いはどこにあるのでしょうか。
ここでは、婚活しているのに一向に結婚できない人の特徴についてお伝えしていきます。

これらに当てはまっていればたとえ若い男女でも結婚は難しくなりますし、反対に当てはまらなければ40~50代の方でも結婚できる可能性は大いにありますので、一度チェックしてみましょう。

相手への希望条件が高すぎる

婚活しているのに結婚できない人の特徴として最も多く見られるのが、相手に対して高望みしているというものです。
希望条件を高くしすぎると、それらを満たす相手が少なくなってしまい出会いの数が限られてしまうため、結婚はおろか出会えさえしないことがほとんど。

万が一希望通りの相手と出会えたとしても、その相手に見合う価値が自分になければまず選んでもらえませんので、高望みしている方はたとえ20代であっても結婚できません。

※参考ページ➡結婚相談所で結果がでない男性は自覚がない高望みが原因!
※参考ページ➡成婚は難しいかも…結婚相談所で出会った痛い女性たち

身だしなみに一切気を配っていない

こちらは特に男性に多いのですが、外見に全く気を配っていないのも結婚できない方に多く見られる特徴。
髪に寝ぐせが付いていたり、爪が伸ばしっぱなしであったりすれば、相手に不快感を抱かれ異性として意識してもらえませんので、結婚できないのも当然です。

また、こういった方の中には、「内面を見てほしいから」と考えているケースを多く見かけますが、身だしなみを整えるのは大人として当たり前。
その当たり前のことすらできていないことで、相手に「内面もその程度だろうな」と思われてしまいますので、一向に結婚相手として選ばれることはないでしょう。

会話のキャッチボールができない

過度な人見知りであったり、異性に慣れていなかったりすることで、相手と会話のキャッチボールができないのも婚活しているのに結婚できない人の特徴です。
この場合、話が全く広がらず相手との関係性が一向に深まりませんので、出会えたとしてもその先に発展していきません。

また、相手に「自分が盛り上げなきゃいけないのか…」と疲れさせてしまうこともあって、会話ができない方は男性であっても女性であっても敬遠されてしまいがち。
話が面白かったり、会話が上手かったりする必要はありませんが、最低限の会話すらできない状態だと婚活で成果をだすことはできません。

定職がない

職が不安定で収入が極端に少ない、または無職であることが原因で結婚できない方も。
特に男性の方は非正規雇用や無職である場合、その時点で結婚相手の候補から外されてしまいがち。
世の中には「私が養ってあげる!」という女性もいますが、それは日常で出会った場合に限られます。婚活の場でそういった女性はまず存在しませんので、どれだけ婚活を頑張っても結婚までの道のりは険しいものになります。

また、最近では男女共働きが当たり前の時代になってきているため、女性の方でも無職の場合は敬遠されてしまうことが多め。
無職であることに理由があるのであれば話は別ですが、そうでない場合は「ただ働きたくないんだな」とマイナスな印象を持たれますので、今では無職の女性も中々結婚できません。

婚活方法が自分に合っていない

婚活方法が自分の性格や状況に合っていないのが原因で結婚できない方も存在します。
たとえば連絡を取るのが苦手なのに、メッセージのやり取りから関係を深める婚活アプリを利用してしまうなどです。
この場合、どれだけ魅力的な人間であったとしても、メッセージができなければ会う段階まで話が進みませんので、結婚できないのも当然だといえます。

今では婚活アプリに婚活パーティー、街コンに結婚相談所などさまざまな婚活方法があり、それぞれ向いている人が異なりますので、自分に合っていない方法を選んでしまうとそれが原因で結婚できないことも少なくありません。

※参考ページ婚活初心者へ!婚活サービスの種類とメリット・デメリットを徹底解説

40~50代の方には結婚相談所を利用するのがおすすめ│その理由とは

ここまでご紹介した『婚活しているのに一向に結婚できない方の特徴』に当てはまらない40~50代の方は、婚活すれば結婚できる可能性は十二分にあります。
とはいえ、どうしても年齢に不安を感じてしまい、「婚活することに気が進まない…」という方も多いでしょう。

そんな方には、結婚相談所を利用することをおすすめします。
その理由についてこれから詳しくお伝えしますので、年齢を気にしている方はこちらを参考に結婚相談所の利用を検討してみてくださいね。

自分と同年代の男女も多く登録している

40~50代の方の中には、「若い子ばかりで自分なんか相手にしてもらえない」という不安から、婚活に気乗りしないという方も多いでしょう。
確かに婚活パーティー・街コン・婚活アプリは20~30代の方が中心で、それらの方は基本的に同年代の異性を選びますので、40~50代だと選ばれにくいのが事実。

その点、結婚相談所の場合は20代の若い方から50代を超える方まで、幅広い年齢層の方が利用しています。自分と同年代の方との出会いでは年齢はハンデになりませんので、安心して婚活を進めることができます。

スタッフが仲介してくれるため、相性のいい相手と出会いやすい

40~50代にもなると相手の年収や容姿というよりかは、「一緒に居て落ち着くかどうか」が最も大切ですよね。
結婚相談所であれば、スタッフが自分と相性のいい相手を紹介してくれますので、「内面から相手を探したい」という方にはまさにもってこい。

数ある婚活方法の中でも、相性がいい相手と出会えるのはスタッフが間に立つ結婚相談所だけですので、特に相手の内面を重視したい40~50代の方には結婚相談所がおすすめですよ。

結婚に対して本気度が高い人しかいない

ようやく恋人ができても、「相手に結婚する意欲が全くなかった」なんてことは多くあるもの。
若いうちなら別の人を探せばいいだけですが、40~50代にもなるとまた恋愛をゼロからはじめるのはエネルギー的にも厳しいですよね。

その点、結婚相談所には真剣に結婚を考えている人しかいませんので、そのような事態が起きる心配はなし。
スムーズに結婚まで辿り着けますので、「次の恋愛を最後にしたい」と考えている40~50代の方には結婚相談所を利用するのが一番ですよ。

まとめ│年齢が上がるにつれ下がる結婚率を気にして、婚活するか悩んでいる方へ

年齢を重ねれば重ねるほど、結婚率が低下するのは紛れもない事実。
しかし、最終的に結婚できるか否かは本人次第ですので、世間の声や統計に自分を当てはめる必要は全くありません。

40~50代から婚活をはじめて結婚している方は実際に多くいますので、その方々に続けるよう、自分も年齢を気にすることなく婚活をはじめましょう。
なお、結婚相談所を利用すればより結婚できる可能性を高められますので、ぜひ利用することを検討してみてくださいね。

※40代~50代の成婚エピソード

➡年下男性とのご成婚(43歳/45歳)
➡オンラインお見合いからのご成婚(51歳/47歳)
➡悲しい思いを乗り越えて、繋がったご成婚(55歳/50歳)
➡ずっと忘れない…桜の下での告白(67歳/51歳)


【記事公開日】2020/08/28
【最終更新日】2020/09/17

関連記事