2022.01.05

「冬とじゃがいもの話」

結婚相談所サンマリエ【博多】博多サロンのブログ

じゃがいもは、そのかたちが奇怪なため、

人々が口にするまでには、ずいぶんと永い年月がかかっています。

フランスの宮殿では当初鑑賞用として栽培され、

マリーアントワネットが髪飾りにしたといわれています。


又、フランス王ルイ16世にいたっては、

飢饉が起きた時に常に人民にじゃがいもを意識させるため、

自分の衣服のボタンの穴に、じゃがいもの花をさしていたといいます。


日本では17世紀の初めにインドネシアのジャカルタからやってきました。

「ジャカルタから来たいも=じゃがたらいも」がなまって

「じゃがいも」になったといわれています。

その後、江戸時代に何度もあった飢饉のたびに、

飢えをしのぐための作物として広がったようです。


じゃがいもはフランス語で「大地のりんご」と呼ばれ、

ビタミンB1はもちろん、ビタミンCやカリウムを多く含み、

野菜の少ない冬に真価を発揮する立派な機能性食品といえます。


少し武骨でもしっかりと栄養があり、

価格も高くない、これって私達が目標に出来る

人間像に被っている様な気もします。

寒い冬に一踏ん張りして、しっかり人間力を貯めて

暖かい春をパートナーと共に迎えましょう。


あ、料理する時じゃがいもの芽は取って下さいね。


恋活、婚活のご相談はお気軽にお越しください。

博多サロンの新着店舗ブログ

東証一部上場グループ

昭和56年創業「結婚相談所サンマリエ」。

東証一部上場グループが運営する安心安全な優良結婚相談所。

業界最大級の※7万人以上の会員から自由にお見合い相手を探せます。 真剣な出会いをお探しでしたら、ぜひお問い合わせください。

※日本結婚相談所連盟の加盟会員数を含みます。2021年5月実績(71,340名)