• 結婚相談所がはじめての方へ
  • サービスについて
  • 選ばれる理由
  • 店舗情報
  • 婚活体験談
独身貴族は自由でずるい?彼らの特徴や悩み、どんな人が向いているのかを徹底解説

独身貴族は自由でずるい?彼らの特徴や悩み、どんな人が向いているのかを徹底解説

【記事公開日】2024/6/17
【最終更新日】2024/6/18

自由気ままに生きる独身貴族。経済的に余裕があり、趣味や旅行に時間とお金を惜しまず、理想的なライフスタイルを送っているように見えます。しかし、そんな独身貴族にも実は悩みや課題がたくさん。

本記事では、独身貴族の定義や特徴、悩み、そしてどんな人が独身貴族に向いているのかを徹底的に解説します。独身貴族と呼ばれたことがある人、自身のライフスタイルを見直したい方は必見です!

独身貴族とは何か?その定義と社会的なイメージ

独身貴族とはそもそも何なのでしょうか。言葉自体は1977年あたりから生まれたもので、「貴族のように余裕がある人」「結婚できない人」というニュアンスを持つ言葉です。詳しく見ていきましょう。

独身貴族の定義

独身貴族とは、結婚をせずに自立した生活を送り、経済的にも安定している独身者を指します。
職業や収入がしっかりとしており、自分自身のために時間とお金を自由に使える人々が独身貴族とされています。

独身貴族の数

国立社会保障・人口問題研究所「人口統計資料集」(国勢調査を基にした資料)によると、独身男性の割合は以下の通りです。30代で独身の割合は半分程度となりますが、そこから独身率の割合低下はゆるやかになります。

25〜29歳:72.7%
30〜34歳:47.1%
35〜39歳:35.0%
40〜44歳:30.0%
45〜49歳:25.9%
50〜54歳:20.9%
55〜59歳:16.7%

年収の観点でも、30代以上の単身世帯が「独身貴族」になりやすいと言えます、求人情報・転職サイトdoda(デューダ)からのデータによると、男性の年代別平均年収は以下の通りです。

20代:371万円
30代:484万円
40代:573万円
50代:661万円

30代に入って年収500万円程度の収入を得ていれば、旅行などの遊びができ、なおかつ時間的な余裕も産まれる「独身貴族」と言えるのではないでしょうか。

独身貴族のイメージ

独身貴族には、ポジティブとネガティブの両方のイメージがあります。

ポジティブなイメージとしては、「自由気まま」「経済的に豊か」「趣味にお金と時間を使える」「優雅」といった、まさに貴族のイメージがあるようです。

とはいえ、ポジティブな印象だけかと言えば、そうでも有りません。例えば一人暮らしをずっと続けている様から、「結婚願望がない」、「他人に冷たく自己中心的」といった印象もあります。

独身貴族が増え続ける背景

独身貴族が増加している背景には、結婚に対する認識の変化が挙げられます。

高度経済成長期の昭和あたりまで結婚は当たり前でしたが、バブルが崩壊し、非正規雇用が拡大。一方で、働く女性は増えました。こうした経済的な不安や価値観の多様化に伴い、結婚に対する意識が変化しており、1980年代に男女とも5%前後だった「生涯未婚率」は2020年には男性で約28%、女性で約18%まで高まりました。

社会的な認知と変化

独身貴族というライフスタイルが一般的に認知されるようになった1990年代以降、偏見も少なくなってきています。メディアやSNSを通じて、独身貴族のポジティブな面が広まり、多くの人々がそのライフスタイルに興味を持つようになっています。

独身貴族の特徴

お金を自由に使える

独身貴族は、家庭を持たないため、収入を自分の好きなことに自由に使えます。一人でちょっと良い焼肉や寿司を食べたり、海外旅行、テーマパークなどの趣味で散財したり、いい車やゲームなどにお金を使えます。

時間を自由に使える

家族のために時間を割く必要がないため、自分のために時間をたっぷりと使うことができます。仕事終わりにそのまま旅行へ行くなど、縛りのない生活が可能です。人によっては空いた時間で副業をして、さらに自由なお金を増やしている人もいます。

趣味に没頭できる

独身貴族は、趣味に没頭する時間と経済的な余裕があります。コレクションやスポーツ、旅行など、自分が本当に好きなことに打ち込むことができます。例えば時計やお酒をコレクションしたり、全国のサウナやお寺を巡ったりという生活を送ることができますね。

社会的な自由がある

独身貴族は、家庭や配偶者に縛られることなく、社会的にも自由に行動できます。特に顕著なのが仕事面です。キャリアアップのための転勤、転職や独立といったものに制限がなく、海外移住、ワーキングホリデーなど、自分の意思で選択できる範囲が広がります。

独身貴族の悩み

ここまで、お金も時間も自由な独身貴族のいい面を見てきましたが、やはりデメリットもあります。見ていきましょう。

孤独や寂しさを感じる時がある

自由な生活を楽しむ一方で、独身貴族は孤独や寂しさを感じることもあります。特に、休日に1人で過ごす時間は、孤独を感じやすく、大きな悩みとなります。

家族など周囲からの圧力がある

家族や友人から結婚を勧められることが多く、その圧力に悩む独身貴族も少なくありません。特に親世代からの期待や社会的なプレッシャーは大きいでしょう。

老後を意識した時に心細くなる

独身貴族は、老後の生活について不安を感じることがあります。特に、老後資金や介護の問題に対する備えが重要となります。

独身貴族に向いている人の特徴は?

ここまで、独身貴族のメリットとデメリットについて紹介してきましたが、皆さんはどんな印象を持たれたでしょうか。「良い!」と感じた人も、「そんな暮らしはご免だ」と感じた人もいらっしゃると思います。実際、独身貴族に向いている人とはどのような人でしょうか。

自由でいたい人

自分の時間やお金を自由に使いたいと考える人は、独身貴族に向いています。束縛を嫌い、自分のペースで生活したい人にとって、独身貴族は理想的なライフスタイルと言えます。

経済的に安定している人

独身貴族として生活するためには、経済的な安定が不可欠。仕事で十分な収入がある、実家暮らしや不動産収入などで十分な貯蓄があるといった人は、独身貴族としての生活を楽しむことができるでしょう。

自己管理ができる人

独身貴族は家庭内で一緒に過ごす人がいないため、自己管理ができることが重要です。衝動買いや一気食いなどをせず、健康管理や家計の管理、時間の使い方など、自分自身でしっかりとコントロールできる人が向いています。

独身貴族になるための準備

独身貴族と一人暮らしは異なります。一人暮らしという概念の中で、時間やお金のゆとりができ、初めて独身貴族と言えるようになるでしょう。そのためには準備が必要です。

経済的な基盤を築くことが重要

独身貴族として生活するためには、経済的な基盤をしっかりと築くことが必要です。安定した収入源や貯蓄を確保することが大切です。本業の収入アップや、投資、貯金などの計画を立てておくのがオススメです。

老後の生活設計と資産形成

将来のために、老後の生活設計や資産形成を考えることが重要です。年金や保険、投資など、将来的なリスクに備えることが必要です。

交友関係を大切にする

独身貴族としての生活を楽しむためには、友人や仲間との交友関係を大切にすることが重要ですよね。今後、孤独を感じないためにも、社会的なつながりを維持するために交友関係は広く持っておきましょう。フットワークも大切です。

将来的に結婚の可能性もあることを考えておく

独身貴族であることを楽しみつつも、将来的に結婚の可能性を考えておくことも重要です。柔軟な考え方を持ち、ライフスタイルの変化に対応できるようにしておきましょう。

【結論】独身貴族は本当に自由でずるいのか?

独身貴族の実態と世間の誤解自由で華やかなイメージの反面、孤独や不安を抱えている人も少なくありません。
「自由でずるい」だけじゃないのが独身貴族です。最後に、独身貴族の実態についてまとめます。

独身貴族の実態と世間の誤解

独身貴族は自由で経済的にも豊かといえるかも知れません。ですが、同時に孤独や、周囲からの圧力、将来不安など、様々な悩みや課題も抱えています。

独身貴族としての生き方の多様性を考える

独身貴族の生き方には多様性があります。それぞれのライフスタイルや価値観に合わせて、自分にとって最適な生き方を見つけることが大切です。
特に「結婚」の有無で幸せかどうかが決まる時代ではなくなりつつあります。自分らしい生き方の手段として独身貴族という生き方もある、という風に、自分も周囲も理解・認識しておく必要があるでしょう。

独身貴族として幸せに生きるためのポイント

独身貴族として幸せに生きるためには、自己管理や経済的な安定、社会的なつながりを大切にすることが重要です。
いまやり遂げたいこと、誇りのある人生にするために必要なことは何でしょうか?自分自身のライフスタイルを楽しみ、充実した毎日を送れるよう、自分の幸せ軸を見失わないようにしたいですね。

まとめ

独身貴族は自由で経済的にも豊かな生活を送る一方で、孤独や社会的な圧力など、様々な悩みも抱えています。独身貴族として幸せに生きるためには、自己管理やお金の把握、そして社会的なつながりを大切にすることが重要です。
ゆとりの確保さえできれば、毎日が自由で、気まぐれに生きられる人生が見えてくるでしょう。


昭和56年創業
「結婚相談所サンマリエ」
東証プライム上場グループが
運営する優良結婚相談所
業界最大級の8万人以上の婚活中の会員から自由にお見合い相手を探せます。
真剣な出会いをお探しでしたら、ぜひお問い合わせください。
※IBJの加盟会員数を含みます。2023年10月実績(86,403名)

セキュリティ対策

安心して活動できる結婚相談所を目指して、JMICの倫理綱領・自主規制基準順守やセキュリティ対策に取り組んでいます。

サンマリエは、大切な個人情報を保護することを目的にプライバシーマークを取得しています。
JMICマーク プライバシーマーク

全国の店舗一覧

東北
中部・東海
関西・近畿
中国地方・四国