• 結婚相談所がはじめての方へ
  • サービスについて
  • 選ばれる理由
  • 店舗情報
  • 婚活体験談
社会人が出会える場所はどこ?恋活・婚活でおすすめの方法を紹介

社会人が出会える場所はどこ?恋活・婚活でおすすめの方法を紹介

【記事公開日】2024/4/17
【最終更新日】2024/4/17

この春から社会人になった方も多いのではないでしょうか。学生時代と比べ、人間関係も限定的になり、出会いも減る、などとよく言われます。

しかし、社会人になっても積極的に出会う姿勢さえあれば、多くの人と出会えます。今回は異性と出会う「恋活」「婚活」について紹介します。

社会人が出会える場所はどこ?

この数年、出会いのトレンドは変化しています。職場で出会う人の割合が低くなり、ネットで出会う人が増えました。

国立社会保障・人口問題研究所が5年ごとに実施する「出生動向基本調査」の2022年版によると、「夫と妻が知り合ったきっかけの構成割合」として、結婚が2018年6月以前に最も多かったのが「職場や仕事の関係」で28.2%。しかし2018年7月から2021年6月までに結婚した夫婦では、最も多い割合が「友人や兄弟姉妹を通じて」で25.9%と変わりました。ただ、これも割合としては下がっています。

一番増えているのは「ネットで」出会った夫婦。2018年以前の6.9%から、2018年以降は13.6%と倍になっています。ほかにも「街なか・旅先」「見合い結婚」が微増傾向です。

ランキング順では、下記となります。

1位
友人や兄弟姉妹を通じて 25.9%

2位
職場や仕事の関係 21.4%

3位
学校で 14.1%

4位
ネットで 13.6%

5位
見合い結婚 9.0%

6位
街なかや旅先で 5.8%

7位
サークル・クラブ活動・習い事 4.5%

8位
アルバイト 4.0%

9位
幼馴染・隣人関係 1.3%

10位
その他 0.3%

出典:第16回出生動向基本調査「現代日本の結婚と出産(夫婦調査)」

社会人におすすめの出会いの場所や方法

社会人になってから出会いを求める場合、学生時代よりも積極性が重要になります。

学生時代であれば、例えば高校の部活やイベント、登下校、大学では講義の時間やアルバイトなど、一緒に過ごす時間はかなりあったでしょう。しかし、特に忙しい職場やリモートワーク中心の場合、同僚との会話が限られる上、仕事後どこかへ行くのも、面倒と感じるようになるはず。

では、どこに出会いを求めるのが良いでしょうか。先程のランキングを見ながら考えていきます。

職場や同僚からの出会い

コロナ前まで、約4分の1の夫婦が職場で出会っていました。いまはどうでしょうか。

実はコロナ以降、オフィスの席がフリーアドレスになったり、拠点が統合され、これまで出会いのなかった部署との交流が生まれたりなど、意外と職場でも出会える可能性は高まりました。

一方でリモート中心の会社や、出張の多い会社、内勤の会社、小規模の会社、男女比率が大きく偏った会社では、出会いの可能性は低いままでしょう。

友人・知人の紹介

昨今、職場よりも結婚につながりやすいのが、友人や家族からの紹介です。

社会人になりたてであれば、高校・大学時代の友人と定期的に会う機会があるはずです。そこに恋愛のチャンスがあります。

例えば、学生時代は恋愛途中で気まずくなっても同じ空間で生活しなければならないため、なるべく恋愛を避けてきた場合でも、社会人になり仲間同士の距離感ができた場合、周りを気にせず恋愛ができるようになります。

社会人サークルやイベント

社会人向けサークルもオススメです。特に体育会系出身であれば、テニスやフットサルなどのサークルで活躍できるはず。また読書会や建築巡りといった、運動が苦手な人も気軽に参加できるイベントがあるので、こちらもチェックしてみてください。

ただ、中には宗教やマルチ商法に誘う人もおりますので、心に留めておきましょう。

社会人向けの婚活イベント

社会人向けの婚活イベントとして、合コンや婚活パーティーなどが様々な場所で開催されています。

婚活イベントは、多くの場合、結婚などの出会いを求める人が参加し、主催者がその身元を確認しているため、安心して参加できるのが特徴です。

社会人におすすめの婚活サービスの選び方

出会いを求める人の中には、より確実に結婚に進める相手を探している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

結婚を前提とした出会いには、「婚活サービス」の利用がオススメです。どのようなサービスが存在するか、また、その選び方について、紹介していきます。

婚活サイト・アプリの選び方

現在、若年層の出会いで最も活況なのが、マッチングアプリです。

インターネットを使って出会いを探す、というと少し尻込みするかもしれませんが、多くのアプリやサービスは本人確認をしっかり行った上でサービス提供をしています。以下のポイントを満たしていれば、安心して利用できます。

・料金が適切か(メッセージ送信ごとに料金が発生するタイプは費用がかさみやすいなど)
・自分が希望する年齢層が多く登録しているか
・身元証明書など証明書類の提出がされているか
・業者の登録が少ないか
・サイト、アプリが使いやすいか

スマホがあれば手軽に利用でき、登録料も月数千円程度からはじめられます。選ぶ際は自分が有利に活動できるかどうかを重視してみてください。
詳しくはこちら→ネット婚活を比較!選ぶポイントや注意点を徹底解説

婚活パーティー、イベントの選び方

・婚活パーティー
婚活パーティーは、基本的に男性の割合が多くなります。
そのため、男性が婚活パーティーを選ぶ際は男女比のバランスが取れているサービスを選ぶと、出会いに繋がりやすくなります。

ただし、男女比を整えるために「女性無料」を打ち出す婚活パーティーでは、出会いよりも食事や暇つぶしを目的にした女性が増えるため、選ぶ際は条件によく目を通したほうがよいでしょう。

女性の場合、ハイスペック男性と出会える婚活パーティーなどに目が行きがちですが、将来の伴侶を探す上で重要になるのは性格の一致です。スペックだけにこだわらず、共通の趣味などのパーティーに参加するのもおすすめですよ。

また、結婚相談所主催の婚活パーティーは、パーティー後に婚活アドバイスをスタッフからもらえたりする場合もあるので、婚活に苦戦している場合は検討してみてはどうでしょうか。
結婚相談所が主催しているパーティーにはどんなものがある?おすすめの点などを解説

・婚活イベント
イベントタイプの婚活パーティーは、趣味、スポーツ、テーマパークなどに集団で参加する形が多い傾向です。バスツアーなどを催行する婚活イベントも存在します。

共通の話題や、交流のきっかけが多数あるため、フィーリング重視で相手を探したい人にはおすすめです。ただ、積極的に行動できないタイプは気になる相手にアプローチできない場合があるので、慣れる必要があります。

結婚相談所の選び方

婚活であれば、結婚相談所は一番安心できるサービスと言えます。

理由は、独身証明書や収入証明書などの提出が義務付けられており、結婚を目的とした人とのみ出会えるため。ただ、婚活サービスの中では高額になるので、安易に選び失敗した場合の損失は大きくなります。

また、出会って半年程度で「成婚退会」をスタッフから進められる等、結婚を前提にしたサービスや参加者がほとんどです。ただ、恋愛を目的とした「恋活」には不向きでしょう。

結婚相談所には大きくわけて3タイプあるので、自分に合っているところを選ぶのがおすすめ。タイプ別の詳細は下記の通りです。

・データマッチング型
使用感はマッチングアプリと同等だが、相手は各種書類を提出している身元が確かな相手なので、マッチングアプリの利用に抵抗がある場合はおすすめできる。

・仲人型
担当の仲人が個人の好みや相性を考えて、お見合い相手を紹介してくれる。担当仲人と面談で相談しながら婚活ができるので、1人で婚活するのが不安だという人におすすめできる。

・ハイブリッド型
近年増えている。データマッチングと仲人型両方のサービスが受けられるので料金は高めになっているが、多くの出会い方があり、短期決戦で成婚を目指す場合におすすめ。

詳しい結婚相談所の種類については以下の記事へ
【2023年】おすすめの結婚相談所とは?選び方も解説

まとめ

社会人になると、これまでと出会いのパターンは大きく変わります。これまで平日休日関係なく発生していた出会いや仲を深める時間が、平日夜や、土休日に一気に偏りますし、なにより自発的に出会いを求める姿勢が重要になるでしょう。

ただ、アプリや結婚相談所といったインフラも充実しています。時間とお金をうまく活用すれば、社会人になったことでより出会いの可能性は高まっていくでしょう。


記事監修者

望月 昭男

サンマリエ結婚カウンセラー(仲人)
カウンセラー歴25年

適切なアドバイスと丁寧なカウンセリングで多くの成婚者を生み出し続けている現役の婚活カウンセラー。
昭和56年創業
「結婚相談所サンマリエ」
東証プライム上場グループが
運営する優良結婚相談所
業界最大級の8万人以上の婚活中の会員から自由にお見合い相手を探せます。
真剣な出会いをお探しでしたら、ぜひお問い合わせください。
※IBJの加盟会員数を含みます。2023年10月実績(86,403名)

セキュリティ対策

安心して活動できる結婚相談所を目指して、JMICの倫理綱領・自主規制基準順守やセキュリティ対策に取り組んでいます。

サンマリエは、大切な個人情報を保護することを目的にプライバシーマークを取得しています。
JMICマーク プライバシーマーク

全国の店舗一覧

東北
中部・東海
関西・近畿
中国地方・四国