• 結婚相談所がはじめての方へ
  • サービスについて
  • 選ばれる理由
  • 店舗情報
  • 婚活体験談
男性から見た35歳の独身女性のイメージと結婚するためのヒント5つ

男性から見た35歳の独身女性のイメージと結婚するためのヒント5つ

【記事公開日】2023/7/13
【最終更新日】2023/8/2

35歳女性の皆さん。突然ですが、「昭和生まれ」という自身の境遇に引け目を感じていませんか?自分よりも若い友人や芸能人が続々結婚したり、交際したりといった状況に焦りを感じていませんか。

実は35歳を境に、結婚に対して焦りを感じる人が多くなります。この焦りは、昭和時代にはすでに「クロワッサン症候群」と名付けられ、ドラマのタイトルにもなっています。

しかし、35歳を超えても、結婚する人はたくさんいます。その違いはいったい何なのでしょうか。

今回は、男性から見た35歳の独身女性のイメージを紹介するとともに、結婚するためのヒントをお伝えします。

・自分がどう見られているか気になる!
・独身時代を早く終わらせたい
・同じような境遇の人はどうしているか?

などのモヤモヤを抱えている方は、ぜひ最後まで読んでくださいね。

35歳の独身女性の結婚事情

35歳の独身女性が結婚できる可能性はどれほどあるのでしょうか?一部ネット上では「ほとんど結婚できない」という情報が独り歩きしていますよね。

国勢調査の「年齢階級別未婚率」では、20-24歳の未婚率が91.4%、25ー29歳が61.3%、30-34歳が34.6%と、過半数が34歳までに結婚しています。このことが、35歳をすぎると結婚が難しい、と言われる要因になっている可能性があります。

しかし、その一方で「年齢階級別未婚率の推移
」を見ていくと、2005年あたりから急速に35歳未満の未婚率が頭打ちになり、35歳~54歳で結婚する人の数が増えていることも分かります。

2015年時点では、35ー39歳女性の未婚率は23.9%で、だいたい5人に1人が独身です。同年代の男性はさらに未婚率が高まります。もはや、35歳以降の結婚は決して珍しくないことが分かります。
参考ページ※年齢階級別未婚率の推移

35歳の独身女性の増加の理由

35歳の独身女性の増加の理由は、社会の変化や個人の選択による要素がいくつか考えられます。

主な理由は、
1. 経済的な自立
2. 結婚観の変化
3. パートナーの選択肢の多様化
の3つです。

この傾向は1999年に「男女共同参画社会基本法」という法律が制定され、雇用などの面で男女の不平等をなくそうという動きが広がったあたりから強まっています。

法整備により、女性が正社員として働きやすくなり、それまで「家庭に入り男性が稼ぐ」という価値観が急速に「稼げる女性は良いものだ」とシフトしていきました。結婚しなくても、女性1人で生きやすい社会に変わっていったのです。

結婚をしなくても、幸福や充実した人生を送ることができるという価値観が広がっています。

そして、2006年にはカナダでLGBTに対する人権保護や理解を求める「モントリオール宣言」が発表され、パートナーの選択肢の多様化が世界的に進んでいます。

一方で、「女は家庭に」という考えを持ち、結婚しない行動を批判的に見る方が残っているのもまた事実。しかし全体的に見れば、婚期や結婚相手などの価値観はこの20年で大きく変わってきたと言えます。

婚活中の男性は35歳で独身の女性をこう見ている

では、現代における婚活中の男性は、35歳の女性に対してどういったイメージを持っているのでしょうか。

婚活を進めている男性に話を聞くと、35歳の独身女性に対してはおおむね以下のようなイメージを持っているようです。

1. 経済的に安定している

35歳の独身女性には、20代から仕事に打ち込み、ある程度の収入を得ているイメージがあります。

そのため、35歳の独身女性に対して、経済的な安定を求める傾向があります。男性のなかには、女性が自立し、お互いの生活をともに支える力を持っていることを望む方も。

これは令和時代以降に「DINKS」や「パワーカップル」というワードが出たことも無関係ではないでしょう。子どもを持つことが結婚の目的ではなく、夫婦でともに豊かな生活を送ることを希望し、婚活する男性が多い印象です。

2. 仕事で成功している

35歳の独身女性のなかには、職業的な成果を上げているか、自分のキャリアを追求することに力を入れてきたという方も多いハズ。

大手企業である程度の役職に就いていたり、会社を経営していたりする人もいらっしゃるのではないでしょうか。その一方でスタートアップや中小企業を支え、会社で欠かせない人材になっている方も多いのではないでしょうか。

こうしたイメージから、婚活中の男性は、パートナーとなる女性が自分と同様に、ある程度成功していることを望む方がいます。

3. 趣味が充実していて忙しい

35歳の独身女性のなかには、仕事とプライベートの両立を図ってきた方もいます。特定分野の趣味があり、真剣に取り組んでいるという人もいらっしゃるのでは。

たとえば、ファッションやインテリアなどの分野でいろいろな経験をしてきた人もいれば、旅行やゲーム、コーヒーや料理などで、日常を豊かにしてきた人も多いと思います。

趣味を共有したいと考えている婚活中の男性は少なくありません。20代の男女に比べて人生経験が豊富なこともあり、共通の趣味が見つかると、一気に関係値が高まる傾向があります。

4. 向上心があり自己成長に取り組んでいる

35歳は、多くの人にとって個人的な成長やスキル獲得に取り組む時期でもあります。

婚活中の男性のなかには、女性が自分自身の成長に取り組むなど向上心を持つことに対して魅力を感じている方が多くいます。

それまで積み上げてきた経験をもとに転職・独立したり、まったく新しい人生を志向したりするのも、35歳前後の女性によく見られること。

そうした自己投資への姿勢を見せる女性が、男性には輝いて見えるようです。

35歳の独身女性が結婚するためのヒント5つ

ここまでの章で、35歳の独身女性の強みは仕事や趣味などの「経験」や「経済力」であると解説しました。

余談ですが、実は1990年代に流行したバンド「ユニコーン」も、曲のなかで「大人の恋ならキャリアが必要」って歌っているのをご存じですか?

その経験が、35歳の独身女性が婚活するにあたり、強みになることは間違いありません。その上で、より結婚というゴールに近づくために何ができるか、一緒に考えていきましょう。

1. まずは将来のビジョンを明確にしてみる

自分自身の価値観や目標、将来のビジョンを明確にすることが大切です。

皆さんは将来の結婚相手と、どういった場所に住み、どのような時間を過ごしたいですか?

そこから逆算して、年齢が何歳くらいで、どういった仕事をし、どういった人と関ってきて、どれほどの稼ぎがある人が理想なのかを、じっくり見極めていきましょう。

2. 外見や内面の自分磨きをはじめる

外見や内面の魅力を磨くことも重要です。

これは決して、歳を取ってきたから若作りやアンチエイジングをしようという意図だけではありません。健康的な生活を送り、自信を持って自分を表現できるかどうかが、男性の目にポジティブに映ることがあるんです。

また、自分の趣味や興味を追求することで、自分自身の魅力を高める人が多いのも、35歳の独身女性の特徴。趣味のレベルをさらに高めておけば、一緒にいて発見や楽しみに繋がるということをアピールできますよ。

3. 出会いの場を広げるために行動してみる

結婚相手を見つけるためには、出会いの場を広げてみるのが一番。友人や知人の紹介、婚活パーティーや結婚相談所、マッチングアプリなどを活用することがオススメです。

当たり前かもしれませんが、間口を広くしたほうが、出会いの確率はグッと高まります。マッチングアプリや結婚相談所で、年収や身長、学歴など「足切り」をしている方は、一度条件を見直してみるのがオススメです。

たとえば浪費癖のある年収1000万円の男性より、投資や自炊、会社の福利厚生をうまく活用する年収500万円の男性のほうが、経済的に余裕がある場合があります。

4. 出会った相手とは結婚を前提に真剣に向き合う

結婚を真剣に考えている相手と出会うためには、自分自身も真剣に相手と向き合うことが求められます。

相手のプロフィールや条件だけでなく、コミュニケーションや相性も重視しましょう。20代のころよりも相手と過ごす時間を長めにとって、相手のいいところをたくさん探してみてください。

5. 焦らずにじっくりと相手を探す

結婚前提の相手探しは、通常のマッチングアプリや合コン・街コンに比べ、探す難易度は上がります。

しかし、それは相手も同じです。さまざまな男性がさまざまな理想像を持って婚活をしているなかで、あなたのような人にいつ出会えるか、努力しているかもしれません。

当然、時間がかかります。結婚は一生モノですから、焦らずにじっくりと相手を探し、出会いを大切にしてくださいね。

まとめ

晩婚化が進み、35歳でも独身で過ごすことが半ば当たり前になりつつあります。「結婚しない」選択が間違いであるという考えは、20世紀以前のものです。現代では結婚しないことで社会的により成功したり、尊敬を集めたりする女性は数多くいます。

そして、結婚したい!と35歳で思い始めても、決して遅くありません。結婚相談所「サンマリエ」では、35歳以上の会員が男女ともに過半数で、会員全体の76%が1年以内に成婚を迎えています。

焦らずじっくり行動し続けることが、年齢関係なく結婚への王道にして最短距離です。一緒に頑張りましょう。


記事監修者

望月 昭男

サンマリエ結婚カウンセラー(仲人)
カウンセラー歴25年

適切なアドバイスと丁寧なカウンセリングで多くの成婚者を生み出し続けている現役の婚活カウンセラー。
昭和56年創業
「結婚相談所サンマリエ」
東証プライム上場グループが
運営する優良結婚相談所
業界最大級の8万人以上の婚活中の会員から自由にお見合い相手を探せます。
真剣な出会いをお探しでしたら、ぜひお問い合わせください。
※IBJの加盟会員数を含みます。2023年10月実績(86,403名)

セキュリティ対策

安心して活動できる結婚相談所を目指して、JMICの倫理綱領・自主規制基準順守やセキュリティ対策に取り組んでいます。

サンマリエは、大切な個人情報を保護することを目的にプライバシーマークを取得しています。
JMICマーク プライバシーマーク

全国の店舗一覧

東北
中部・東海
関西・近畿
中国地方・四国