成婚エピソード

  1. HOME
  2. 成婚エピソード
  3. 「悲しい思いを乗り越えて、繋がったご成婚」

リクさん(55歳)サキさん(50歳)

「悲しい思いを乗り越えて、繋がったご成婚」

婚活がうまく進まず落ち込んだ時期もあったサキさん。
今回はそんなサキさんが幸せを掴むまでの成婚エピソードを伺いました。
Q.婚活を始めようと思ったきっかけは何ですか?
離れて暮らしている娘と会う機会がなく、近くに住んでいる両親もどうしても同居しないと言って聞かないので、この先一人で生きるのは寂しがりやの私には耐えられないと思い相談しました。
Q.数ある婚活サービスの中から何故サンマリエを選んでいただいたのですか?
最初に電話でご連絡くださったアドバイザーさんが、他の相談所からのお電話と違い、セールスという感じが全くなく、私の当時の状況や結婚に対する迷いを素直に話せるような方だったので、入会前の面談に行ってみたい気持ちになりました。
Q.サンマリエに入会前と後での結婚相談所のイメージは変わりましたか?
昔ながらの「お見合い」を会社として仲介してくれるところ、くらいのイメージでした。どこの会社も大差はないと思い、新聞記事に載っているくらいの数社しかないものと思っていました。
また入会するまでは、恋愛や知人の紹介からの出逢いが自然でいいと思っていました。
Q.婚活中お悩みや苦労したことはありましたか?
最初のお見合いで出会った方に憧れ、このまま結婚に繋がることを願っていましたが、お断りされた時が一番悲しかったです。
それから三人の方と仮交際していた時は、どの方もそれぞれの素晴らしさを感じていたのですが、現在成婚となった相手と真剣交際を考えるようになってから、あとのお二人をお断りしなくてはならなかった時はとても心が痛みました。
そのうちのお一人は入会後私が初のお見合いだったそうで、心がとてもピュアで聞き上手な方でした。
お相手には何も悪いところはないのに、お断りしなければならずさらに心が痛みました。
Q.どのようにこのお悩みを解決しましたか?
初めてのお見合いの方のことは当分忘れられなくて、自分の不甲斐なさを何度も担当カウンセラーさんに聞いていただきました。私の気持ちを決して否定しませんでしたし、その上で『必ず幸せになって欲しい』という温かい思いに大変救われ、前に向かおうという気持ちにさせてもらえました。 
仮交際中だったお二人をお断りする際には、極力お相手を傷つけないようにどうすればよいか、どのように考えたらよいかを温かく寄り添っていただきました。
最後にお付き合いした現在のお相手との進展でも、最後まで親身になっていただき、カウンセラーさんには心から感謝しています。
Q.婚活を進めていく中でカウンセラーから印象に残ったアドバイスなどはありますか?
沢山ありますが、一番落ち込んで立ち直れないと思っていた時に、サンマリエさんの少人数のお見合いイベントに参加しました。
当日、担当カウンセラーさんにお会いする機会があり、その際に『”竹内まりあ”の「元気を出して」 を贈りたい』と言っていただいた時は、本当に元気を出さなくてはと思いました。半年余り前の今となって は懐かしい思い出です。
Q.リク様の初めての印象はどうでしたか?
お写真のプロフィールからの私の想像より、話し方がシャキシャキしておられる印象を受けました。
Q.リク様とお付き合いしたいと思ったきっかけを教えてください。
交際成立後、私に夢中になってくれていた一方で、娘さん二人のことや私の仕事のことなど、現実を見据えていたことと、人の心の痛みがよくわかる人だと思えたからです。
Q.その後相手からのプロポーズのお言葉はありましたか?
はっきりした言葉でのプロポーズではなく、『もう結婚するんだから…』という言葉で相手も結婚を意識していると思った事です。
◇現在入会を検討されている方へアドバイスをお願いいたします◇
カウンセラーさんとの相性が大切なのはもちろんですが、自分の凝り固まった考え方を良い方向に導いてくださることを信じて、カウンセラーさんとの関係を築き頻繁に相談、連絡、 報告することが成婚に繋がると思います。

【記事公開日】2020/08/18
【最終更新日】2020/08/21