婚活応援コラム

結婚相談所の退会を考える|自分に合った相談所を選ぶコツ

【記事公開日】2019/6/26
【最終更新日】2021/3/4

目次

    結婚相談所を利用して婚活をしていると、活動中の相談所が自分には合っていないのではないかと不安になる人もいます。

    もちろん、自分に合っていないのであれば退会して別の相談所を利用するのがベストですが、もし「婚活がうまくいかない」という理由だけの場合は一度活動を振り返ってみたほうがいいでしょう。
    そこで今回は、結婚相談所を退会したほうがいいケース、さらに乗り換えをすべきか悩んだときのチェック項目について解説します。

    結婚相談所の退会は2種類


    結婚相談所の退会は、大きく2種類に分けることができます。

    晴れてパートナーとの結婚が決まって退会する成婚退会、そしてなんらかの理由で相手が決まらないまま活動を終了する退会です。

    成婚にいたらず退会する人の多くは、「パートナーに出会えなかったから」という理由を挙げています。
    パートナーに出会えないことにはなんかしらの原因があり、それがわからないまま結婚相談所で活動を続けていても婚活が成功する可能性は低く時間が過ぎていくだけです。
    もし理由に気付くことなく別の結婚相談所に移ったとしても、結果は変わらないかもしれません。
    成婚退会を目指すためには、まずは婚活がうまくいかない理由を探ってみましょう。

    結婚相談所で婚活がうまくいかない原因の1つが「高望み」です。
    結婚相手に理想を求めすぎると、なかなか条件に合う人に出会えずチャンスを逃してしまうこともあるでしょう。

    また、なかには「サービス内容やサポート体制がマッチしていない」ことが原因となっている人も少なくありません。
    自分に合っていない相談所に入会してしまうと、思うような結果が得られない可能性もあります。

    参考資料➡結婚相談所で成婚した人の体験談

    退会したほうがよい3つのケース


    活動内容を振り返ることで結婚相談所を退会せずに婚活を成功させることもできますが、なかにはすぐに退会して自分に合った相談所を探したほうが良いケースもあります。
    活動中の結婚相談所を退会すべきか悩んでいる人は、以下のケースに当てはまっていないかどうかチェックしてみましょう。
    チェック項目

    入会時の説明と内容が異なる


    紹介制度の内容や利用料金など入会時の説明と違うことがある場合、相談窓口に理由を話した上で即退会したほうがよいでしょう。

    サービス内容が不明確な結婚相談所は、事前説明がないまま追加料金が発生したりサクラ会員がいたりとトラブルに巻き込まれるリスクも高くなります。
    入会するときには、プラン内容や追加料金の有無などをしっかり確認しておきましょう。
    もし入会後に疑問や不信感が生じるようなことがあれば、無理に活動を続ける必要はありません。

    サポート体制に不満がある


    結婚相談所のサポート力が不十分である場合、退会を検討する必要があります。
    相談したのに返事がこなかったり改善要求をしても改善されなかったりという状況が続くようであれば、前向きにパートナー探しをすることがむずかしくなるでしょう。

    婚活中は不安や悩みがつきものです。
    それでも、スタッフやカウンセラーが丁寧にサポートしてくれる結婚相談所であれば、パートナー探しはスムーズに進みます。
    サポート体制に不満を感じる場合は、自分には合っていないと判断して退会したほうが無難です。

    引っ越しが決まり転居先に支店がない


    転勤などの理由で引っ越しが決まった場合、転居先に支店がなければ十分なサポートが受けられなくなる可能性があります。

    電話サポートがあれば遠方からでも無理なく活動できるケースもありますが、小規模な個人でやっているような相談所だと対応が難しいでしょう。
    これまでどおりのサポートが受けられないようであれば、退会して近場で利用できる結婚相談所を探すのがベストです。
    いずれ転勤や引っ越しの可能性がある場合は、事前に支店が多い結婚相談所を選んでおく必要があります。





    退会か継続か迷ったときのチェック項目


    活動中の結婚相談所が自分に合っていないのではと感じているのであれば、まずはこれまでの活動を振り返りながら今後どうするべきか考えてみましょう。

    客観的に活動内容を振り返ることで、退会と継続のどちらが自分のためになるのか判断しやすくなります。
    ここからは、退会か継続か迷ったときにチェックすべきポイントについて解説します。
    内容をチェックした上で、自分の希望を反映してくれる結婚相談所を探しましょう。

    どのようなサポートを希望しているのか


    結婚相談所にどのようなサポートを希望するかによって、利用すべき相談所も変わります。
    「条件に合う人を紹介してほしい」「自分から行動するのが苦手」という人であれば、仲介サポートに力を入れている結婚相談所の利用がおすすめです。
    また、メイク講座や会話術などのセミナーを開催している結婚相談所なら、手厚いサポートが期待できるでしょう。

    結婚相談所によっては、仲介後のやり取りはノータッチということもあります。
    希望するサポート内容と結婚相談所のサポート体制が、マッチしているかどうかが大きなポイントです。

    参考資料➡結婚相談所を比較する際に重要なポイントとは?

    自分に改善点はないか


    婚活がうまくいかなかったのであれば、自分にも改善点がなかったかどうか振り返ってみることも大切です。

    「担当スタッフやカウンセラーとのコミュニケーションを取らなかった」「連絡をもらったのに返事をしなかった」「紹介相手のクレームばかり言ってしまった」など、心当たりがある人もいるのではないでしょうか。
    自分の改善点に気付けば、今後の取り組み次第では退会しなくても婚活を成功させることができるかもしれません。
    ん。

    結婚相手に望む条件は現実的なものか


    年収・職業・性格・容姿など、パートナーに望む条件は人それぞれです。
    とはいえ、理想を高く設定しすぎると、どんなに成婚率が高い結婚相談所を利用していてもなかなかゴールインできない可能性があります。
    結婚相手に望む条件が現実的なものか、一度考えてみることも必要です。

    また、結婚相談所によっては会員の年齢層やスペックに偏りがある場合もあります。
    男女比や年齢層など、自身の求める条件と結婚相談所の会員データを比較してみることも大切です。

    相談所を変えたほうが婚活の効率がアップすることも


    結婚相談所スタッフ

    結婚相談所によってサポート内容に差があるため、相談所を変えたほうが婚活がスムーズになることもあります。
    多くの結婚相談所では乗り換え割引を設けているため、活動している結婚相談所が自分に合わないと気付いた場合は、希望を叶えてくれる相談所を利用しましょう。

    その場合、自分がどのようなサポートを必要としているのかを明確にしておくことが重要です。
    また、結婚相談所のサポートを最大限に受けられるように、活動中は担当スタッフやカウンセラーとのコミュニケーションをしっかり取るように心掛けましょう。

    カウンセラーについて➡婚活の鍵となる結婚相談所のカウンセラーについて知っておこう


    関連するタグ

    最新の成婚エピソード

    1. トップ
    2. 婚活応援コラム
    3. 結婚相談所の退会を考える|自分に合った相談所を選ぶコツ
    東証一部上場グループ

    昭和56年創業「結婚相談所サンマリエ」。

    東証一部上場グループが運営する安心安全な優良結婚相談所。

    業界最大級の※6万人以上の会員から自由にお見合い相手を探せます。 真剣な出会いをお探しでしたら、ぜひお問い合わせください。

    ※日本結婚相談所連盟の加盟会員数を含みます。2020年9月実績(67,512名)