• 結婚相談所がはじめての方へ
  • サービスについて
  • 選ばれる理由
  • 店舗情報
  • 婚活体験談
職場恋愛のきっかけにはどんなものがある?社内恋愛の注意点も解説!

職場恋愛のきっかけにはどんなものがある?社内恋愛の注意点も解説!

【記事公開日】2023/7/6
【最終更新日】2023/7/6

職場恋愛のきっかけにはどのようなものがあるでしょうか?

出社する機会が増え、「会社であの人が気になる…」と感じている方も多いかもしれません。

職場恋愛は、出会いの少ない社会人にとって、理想の相手に巡り合う大きなチャンスです。この記事では、「オフィスにいる異性とつながる方法を知りたい!」「職場恋愛で結婚にはつながる?」「職場恋愛をしてみたいが、リスクが怖い」といった疑問や不安を持つ方に、職場恋愛のきっかけや、職場恋愛をする際の注意点について解説します。

オフィスに気になる人がいる方は、ぜひ読んでみてくださいね。

職場恋愛のきっかけは?

実は、職場恋愛の経験がある女性は多いんです。

『女の転職type』が2022年に調査したアンケートでは、同サイトの会員638名のうち50.3%が社内恋愛の経験ありと回答。もっとも多いのが同僚との恋愛で、続いて先輩、上司と続きました。

同サイトは女性会員が過半数のため、同年代~年上男性と恋愛関係となる女性が多いと考えられます。いったい、どういったきっかけで恋愛に発展したのでしょうか?

詳しくお伝えしていきます。

1. 共通の仕事やプロジェクトをこなす

職場恋愛のきっかけにはいくつかのパターンがあります。

もっとも職場恋愛につながりやすいきっかけは、共通の仕事やプロジェクトに関わることです。先ほどのアンケートでは、職場恋愛経験者のうち、65.7%の方が「仕事で関わった」ことがきっかけと回答しています。

共通の仕事があれば、自然とやり取りする機会がでてきます。共通の仕事をこなすなかで、アドバイスや悩み・愚痴など、共通の話題が増え、打ち解ける確率が高まっていると考えられます。

また、日々顔を合わせる関係であれば「髪型が変わった」「いつもより眠そうにしている」「独特のしぐさをする」など、会話のきっかけとなる出来事が増えます。結果として、職場恋愛のきっかけになります。

2. 部署やチームが一緒で話す機会が多かった

同じ部署やチームになることで、職場恋愛に発展するケースもあります。

在宅ワークばかりだった頃はチャットでのやり取り中心だったのが、出社し、机を並べて仕事するようになり、直接会話する機会が増えます。

たとえば、ランチや会議の場でお互いに話す機会が、職場恋愛につながることも。異動、出向や、研修などが、職場恋愛のきっかけになる可能性もありますよ。意中の人が業務上でも近くにいるのは、大きなチャンスです。

3. 共通の趣味や興味があり会話をするようになった

共通の趣味や興味をきっかけに、恋愛につながることがあります。会議中のふとした話題や、ランチ中の雑談で思わぬ発見につながることも。

なかには、スタッフ同士でお互いのプロフィールを用意したり、サークルのような活動を行ったりする会社もあります。こういったイベントは趣味や話題が多いほど職場恋愛につながりやすくなるので、ぜひ活用したいところですね。

もし部署が異なる場合でも、ポストに届いている本人あての書類を手渡ししてみたり、フリーアドレスなら近くに座ってみたり、旅行の差し入れを直接渡したり…会話のチャンスを生み出す方法はたくさんあります。

4. 職場外のイベントや飲み会で意気投合

「うちは職場で会話できる雰囲気の会社じゃない!」という方もいらっしゃるかもしれません。そういった場合は、職場外のイベントを活用してみましょう。

研修や勉強会、社員旅行をきっかけに知り合い、打ち解けることがあるかもしれません。相手がこういったイベントに積極的に顔を出しているようであれば、自分も思い切って一緒に参加してみては?関係値をぐっと高めるチャンスになります。

飲み会もオススメです。リラックスした雰囲気でお互いを知る機会が増えることで、恋愛感情が芽生えることがありますよ。

5. 社外のプライベートな出来事が恋愛に

仕事以外の時間が社内恋愛のきっかけになることもあります。

会社公式の部活や、仲がいい同僚同士の飲み会、趣味が近いゲーム仲間、音楽仲間などのつながりができる場合もあります。こうした場が、プライベートな関係値を構築するきっかけにつながるかも。業務上の関わりが薄くても、プライベートの機会をもつことで、職場恋愛のきっかけになるかもしれません。

職場恋愛の注意点6つ

職場恋愛は、平日のモチベーションになり、仕事や職場を好きになるチャンスであり、社会人の特権と言えるのではないでしょうか。

しかし、職場恋愛にはリスクが伴うと言われることもありますよね。具体的にどう気をつけるべきか、注意点について解説します。

1. 会社のルールに違反していないかチェック

まず、職場のルールや倫理観に反する行動は避けましょう。たとえば会社のなかには、職場内恋愛を禁止している会社や、恋愛関係となった場合にどちらかが転属しなければならない会社が稀に存在します。

特に外資系企業は職場恋愛に厳しいと言われます。社長ですら例外ではありません。例えば、2003年には航空機大手のボーイング社長、2019年にはマクドナルドの社長が、職場恋愛を発端に辞任に追い込まれています。

(参考文献)
ボーイング会長辞任
日本で普通の「社内恋愛」が世界の非常識なワケ

会社の行動規範が簡単に読める環境なら、確認してみましょう。もし確認が難しいなら、社歴の長い人を捕まえて、過去に職場恋愛があったか、どういった結果になったかをきいてみるのもアリです。

職場恋愛は周りにバレやすいもの。会社が職場恋愛に対し何らかのペナルティを用意しているようであれば、それなりの自己防衛をしてから臨む必要があります。

2. 面倒事にならないためにも、一定の線引を

また、職場恋愛がOKの環境でも、職場でのパフォーマンスに悪い影響を及ぼさないように注意することが重要です。

たとえば恋をしている間は良いですが、別れてしまう可能性も否定できません。その際に、職場に居づらさを感じ、仕事がおぼつかなくなる可能性があります。上司・部下など、会社のなかで上下関係があるならなおさらですね。

職場恋愛のアンケートでは、交際した結果、過半数の人が破局という結末を迎えています。成婚につながったのは3割程度。決して低いハードルではありません。

あまり考えたくはありませんが、仕事、あるいはお給料は恋愛と同じくらい大切です。もしフラれたら?嫌われたら?そのまま続けられるのか、それとも職場を変えたり、異動を願い出たりするか。イメージを持っておくのが無難でしょう。

3. 周囲の人々に配慮する

職場には、他の同僚や上司もいます。もしかしたら社長や役員、取引先や株主などがいる可能性だってあります。

そういった人は、職場恋愛に対して否定的な考えを持っているかもしれません。真面目に勤務していない人と見られることだってあります。

そのため、職場恋愛は目立たないように、周りに配慮できる環境で行っていくべきでしょう。公私の境界を明確にしておきたいですね。

4. プライベートと仕事を分ける

③に関連して、職場での恋愛関係が成立している場合でも、プライベートな問題を仕事に持ち込まないようにしましょう。

業務中の雑談やメッセージのやり取りが仕事の効率を落とし、人事査定に悪影響を及ぼすことがあります。

たとえば、業務中に業務用PCやスマホでデートスポットを探すのは危険です。画面を同僚や上司に見られるリスクだけでなく、検索履歴が情シス部門に筒抜けだった、なんて失敗談もあります。

あるいはプライベートでの喧嘩や、浮気、金銭問題といったトラブルを引きずったまま出社するのはおすすめできません。自分が平気であっても、相手が仕事に集中できず、パフォーマンスを落としてしまうかも。

5. 倫理に反する恋愛はしない

倫理に反する恋愛は、当人同士だけではなく、職場全体の空気を悪くします。

たとえば職場の同僚と不倫の関係になったり、破局して即、別の同僚と交際を始めたり…
それまで楽しかったはずの職場恋愛が、急にドロドロとした悪い雰囲気を醸し出すようになります。

恋心をコントロールするのは大変難しいですし、実際世の中から不倫や浮気という言葉がなくなったことはありません。

しかし、特に職場恋愛という環境であるからこそ、倫理に反する恋愛はしないという意志の強さが通常の恋愛よりも求められます。しっかり肝に銘じておきたいところです。

まとめ

ここまで、職場恋愛のきっかけと注意点について解説しました。

もし職場に気になる異性がいるなら、共通のプロジェクトに立候補してみたり、営業に同行したり、接点づくりが大切です。

部署やプロジェクトなどを通じて同じ仕事をすれば、苦労や成功をともに味わうことになります。結果として、仕事を通じて職場恋愛に発展する場合があります。職場恋愛から結婚につながり、幸せに過ごしている人は数多くいます。

一方で、職場恋愛に失敗したときのリスクは通常の恋愛よりも高いと言えます。特に、経営層など会社で要職に就いている方々や、不倫や浮気につながる恋愛には気をつけておきたいものです。


記事監修者

再木 奈生

シニア産業カウンセラー/キャリアコンサルタント/ポジティブ心理学コーチ

企業・教育現場において述べ100,000人以上の個別カウンセリングやスーパービジョンを実践中。
サンマリエでは、社員教育研修、会員向け婚活セミナー講師として活躍中
昭和56年創業
「結婚相談所サンマリエ」
東証プライム上場グループが
運営する優良結婚相談所
業界最大級の8万人以上の婚活中の会員から自由にお見合い相手を探せます。
真剣な出会いをお探しでしたら、ぜひお問い合わせください。
※IBJの加盟会員数を含みます。2023年10月実績(86,403名)

セキュリティ対策

安心して活動できる結婚相談所を目指して、JMICの倫理綱領・自主規制基準順守やセキュリティ対策に取り組んでいます。

サンマリエは、大切な個人情報を保護することを目的にプライバシーマークを取得しています。
JMICマーク プライバシーマーク

全国の店舗一覧

東北
中部・東海
関西・近畿
中国地方・四国