結婚相談所にはいい人がいない?実際はどんな男性・女性がいる?

結婚相談所にはいい人がいない?実際はどんな男性・女性がいる?

【記事公開日】2019/11/30
【最終更新日】2023/11/8

結婚相談所を検討しているけれど、どういう人が結婚相談所に登録しているのか気になって迷っている、という人もいるのではないでしょうか。
中には
「結婚相談所にはいい人はいないんじゃないか。」
「結婚できない人が登録するところでは?」
と思っている方もいるかもしれません。

そこで、この記事では結婚相談所に実際に登録している人の特徴を紹介していきます。

結婚相談所に登録している理由は?

まず、結婚相談所に登録している人の特徴を具体的にご紹介していきます。

仕事に熱心で多忙

仕事中心の生活を送っている人も結婚相談所に登録しています。
このタイプは、仕事が多忙すぎて恋愛相手を探したり、婚活する時間をなかなか作れなかったりするので、結婚相談所の利用を決断するケースが多いようです。

職場が同性ばかりで出会いのチャンスが少ない

職場が同性ばかりだと出会いのチャンスが少なくなってしまいます。

交際相手・結婚相手との出会いのきっかけは、男女共に「学校」と「友人知人の紹介」が約半数を占めていますが、次が「職場や仕事関係」となっています。

社会人になってから結婚相手を探そうとした場合、やはり仕事関係が同性ばかりだとチャンスも少なくなってしまい、結婚相談所を選ぶというケースがよくみられます。

※参考ページ
第15回出生動向基本調査交際相手・結婚相手との出会いのきっかけ

親に促されて入会

中には、親に結婚相談所に入会するよう促されて登録する人もいます。
結婚する気配がないことを心配した親が、見かねて結婚相談所への入会を進めるケースが多くみられます。

恋人と別れたのがきっかけで入会

これまで例を挙げたタイプ以外にも、「結婚しようと思っていた人と別れたから入会した」という人もいます。
ひとつの恋愛の終わりをきっかけに結婚相談所に入会するケースは男女ともに少なくありません。

より良い条件の相手と結婚したい

結婚相談所は、希望条件に合った相手とを探しやすいのが特徴です。
自然な出会いでは仲良くなるまで聞きにくい、相手の収入や学歴、職業や結婚観などを知った上で交際することができるので、良い条件の相手と出会いたいと考える人にも結婚相談所は選ばれています。

恋愛に消極的

恋愛に奥手で消極的なタイプも結婚相談所に登録しています。
結婚相談所であれば活動のサポートが受けられるので、色々相談しながら相手探しをしたい人に選ばれているようです。

資料請求

サンマリエ公式サイト

まとめ

結婚相談所に登録しているのはどういうタイプの人なのかを解説してまいりました。
「結婚相談所は結婚できない人が最後の手段で登録するところだから、いい人はいない」
のではなく、
「結婚相談所は結婚に前向きで真剣に出会いを探している人が登録する婚活サービス」
だということがおわかりいただけたと思います。

もし結婚を考えているのに出会いがないという方は、結婚相談所の利用もぜひ検討してみてくださいね。


婚活診断テスト カジュアル面談 無料診断・相談はこちら 婚活診断テスト カジュアル面談 無料診断・相談はこちら
昭和56年創業
「結婚相談所サンマリエ」
東証プライム上場グループが
運営する優良結婚相談所
業界最大級の8万人以上の婚活中の会員から自由にお見合い相手を探せます。
真剣な出会いをお探しでしたら、ぜひお問い合わせください。
※IBJの加盟会員数を含みます。2023年10月実績(86,403名)

セキュリティ対策

安心して活動できる結婚相談所を目指して、JMICの倫理綱領・自主規制基準順守やセキュリティ対策に取り組んでいます。

サンマリエは、大切な個人情報を保護することを目的にプライバシーマークを取得しています。
JMICマーク プライバシーマーク