婚活応援コラム

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 婚活コラム
  4. 会員数だけで結婚相談所を選ぶのはNG!その理由を徹底解説
ダメ出しをする女性

会員数だけで結婚相談所を選ぶのはNG!その理由を徹底解説

これから結婚相談所を利用しようとしている方の中には、「会員数が多い結婚相談所を選ぼう」と考えている方も多いでしょう。
確かに会員数が多ければそれだけ出会いもありそうですし、会員数が多い結婚相談所を選んだほうがお得に感じるのも無理はありません。

しかし、会員数の多さだけで結婚相談所を選んでしまうのは非常に危険です。
本記事ではその理由についてお伝えしていきますので、これから結婚相談所を選ぼうとしている方は参考にしてください。

結婚相談所における会員数について

会員データ

一口に会員数といっても、『会員数』という言葉が示す意味は結婚相談所によって異なります。
自社の結婚相談所に登録している人数だけのこともあれば、結婚相談所が加盟している連盟の総数ということもあってそれぞれ意味合いが異なってきますので、まずはそちらを理解しましょう。

自社結婚相談所に登録している人数の場合

自社結婚相談所に登録している会員数を公表しているところであれば、文字通りそちらの結婚相談所に登録している会員のみと出会うことになります。

「それが当たり前なんじゃないの?」と考える方も多いかと思いますが、実は結婚相談所にはもう一つ違ったシステムが存在します。

加盟の連盟に登録している人数の場合

もう一つ違ったシステムというのが、連盟に加盟している結婚相談所の場合。
結婚相談所にはいくつかの連盟が存在しており、同じ連盟に加盟していれば別の結婚相談所に登録している会員とも出会うことができます。

これこそが結婚相談所における連盟であって、それらに加盟している結婚相談所では会員数として連盟の総数を公表していますので、頭に入れておきましょう。

会員数の意味合いが違うから、会員数だけでは判断できない

上記のように、結婚相談所によって会員数の意味合いは大きく異なります。
それによって、そもそもの前提が異なりますので、会員数だけで結婚相談所の良し悪しを判断するのはまず不可能です。

その上、両社のどちらにもメリット・デメリットがありますので、「会員数が多いから連盟に加盟している結婚相談所のほうがいい」とも一概にはいえません。
そのため、会員数だけを見て結婚相談所を選ぶのは大きな間違いなのです。



自社結婚相談所内の会員と出会うシステムのメリット・デメリット

〇か×か

先に「どちらにもメリット・デメリットがある」とお伝えしましたが、一体どういったメリット・デメリットが挙げられるのでしょうか。
まずは自社結婚相談所内の会員と出会うシステムのメリット・デメリットについてお伝えしていきます。

自社結婚相談所内の会員と出会うシステムのメリット

■会員の質を把握しやすい
結婚相談所では入会するのに審査が必要となりますが、その審査の基準はピンキリです。
わかりやすく年収にだけ注目すると、100万円でもOKなところがあれば、300万円以上でなければ不可の結婚相談所も存在します。

この内、自分が300万円以上の結婚相談所に入会したのであれば、相手も300万円以上なのは明らかであるといったように、会員の質を把握しやすいということがメリットの一つです。

■地元から遠い結婚相談所を選べば、知人とバッタリ出会うことがない
基本的に結婚相談所を利用する方は、地元から近い距離にある結婚相談所を選ぶもの。
そのため、意識して地元から遠い結婚相談所を選ぶことで、「知人と結婚相談所内でバッタリ出会ってしまう」といった最悪な事態は避けられます。

一方、連盟に加盟している結婚相談所の場合は、自分が利用している以外の相談所でも検索できてしまうため、知人に見つかってしまう場合もないとはいえません。
そもそもそんな偶然は中々起こり得ないものですが、そのわずかなリスクすらも防げるということはメリットになるでしょう。

自社結婚相談所内の会員と出会うシステムのデメリット

■会員数に限りがあるため、数か月で紹介されなくなってしまう可能性がある
自社会員だけで出会いを賄っている以上、紹介できる異性の数には限りがあります。
そのため、婚活が長引けば長引くほど紹介される異性は減っていってしまい、最終的には紹介してもらえる異性がゼロになってしまうこともあり得ない話ではありません。

■データマッチング型が多く、サポート力は低め
結婚相談所にはデータマッチング型と仲人型の二つのタイプがあり、データマッチング型とは結婚相談所独自のシステムによって理想的な相手を紹介してくれるというものです。
わかりやすくいえば、より真剣な婚活アプリのようなものであって、こちらはスタッフからのサポートはほぼほぼありません。

そのため、全ての活動を自分一人でしていかなければならないので、「婚活をサポートしてほしい」「仕事で忙しくて時間がない」という方には大きなデメリットになるでしょう。

連盟に登録している会員と出会うシステムのメリット・デメリット

続いて、連盟に登録している会員と出会うシステムのメリット・デメリットについてご紹介していきます。
自社会員と出会うシステムの結婚相談所よりも会員数は多いものの、デメリットもありますので、こちらもしっかりと確認しておきましょう。

連盟に登録している会員と出会うシステムのメリット

■会員数が多い連盟に入っている結婚相談所を選べば、難しい条件でも出会いやすい
結婚相談所の連盟にもいくつか種類がありますが、多いところでは総数5万人を超える会員を持つ連盟も存在します。
そんな連盟に入っている結婚相談所を選べば、対象となる異性の絶対数が多くなりますので、少し難しい条件に設定していても出会える可能性は多くあります。

ただし、その分ライバルも増えてしまいますので、必ずしも成婚できるという訳ではない点は要注意。

■連盟の方針で仲人が世話をしてくれる場合、丁寧なサポートが受けられる
先にお伝えしたように、結婚相談所にはデータマッチング型と仲人型の二つが存在します。
このうち、仲人型のサービスを提供する方針の連盟もあり、そちらに加入している結婚相談所では選任カウンセラーによる手厚いサポートを受けることが可能です。

具体的にサポートとは、自分に合った相手を見定めた上で紹介してくれたり、お見合いの日時や場所を自分の代わりに調整してくれたりなど。
そのため、恋愛経験が浅い方・多忙で婚活に割ける時間が少ない方には大きなメリットとなるでしょう。

連盟に登録している会員と出会うシステムのデメリット

■個人経営の結婚相談所も存在し、その場合サポートに手が回らなくなる可能性も
連盟に登録している結婚相談所には数十人のスタッフがいる相談所があれば、一人で運営している相談所もあります。
このうち、後者の小規模な結婚相談所では、会員数が増えてしまうとサポートに手が回らなくなってしまう場合もあり、本来得られたメリットが得られなくなってしまうことも。

もちろん、小規模な結婚相談所が悪いという訳ではありませんが、どうしても労働力には限界がありますので、上記のような事態も起こり得るということは頭に入れておきましょう。

■入会審査が緩い結婚相談所もあり、質が悪い会員も混じる
連盟にはさまざまな結婚相談所が加盟していることで、中には入会審査が著しく緩い相談所も存在します。
そのため、どうしても質が悪い会員も混じってしまっており、出会った相手が遊び目的であったり、お世辞にも結婚相手には適さない条件であったりすることも珍しくありません。

会員数が多くなることで出会いが増えることは確かですが、その分望ましくない相手と出会ってしまう可能性も高くなりますので、相手を見極める目が必要不可欠になるでしょう。

結婚相談所を選ぶ上で最も重要なのは、自分の目や耳で相性を確かめること

結婚相談所のカウンセリング

結婚相談所を選ぶ際は、どうしても会員数や料金に目が行ってしまいがちですよね。
しかし、表面上の数字だけで選んでしまうと、思ったようなサポートが受けられなかったり、何度お見合いしてもなかなか成功しなかったりすることも大いにあり得ます。

そんな事態を防ぐためには色々な結婚相談所に一度足を運んだ上で、自分の目や耳で直接相性を確かめる他ありませんので、面倒くさがらずに無料相談を受けにいきましょう。
そうすることで自分に合った結婚相談所を選ぶことができ、ひいては成婚しやすくなることにも繋がりますよ。

まとめ|結婚相談所を選ぶ時は会員数だけで判断してはならない

今回は、会員数だけで結婚相談所を選ぶのはNGだということについてお伝えしてきました。
会員数といっても結婚相談所によって定義は異なりますし、二種類の定義のうちどちらにもメリット・デメリットがありますので、会員数だけで決めてしまうのは大きな間違いです。

本当に必要なことは実際に結婚相談所へ足を運んで、自分の目や耳で直接相性が合っているかを判断することですので、表面上の数字だけで選んでしまうのは避けてくださいね。


【記事公開日】2020/04/30
【最終更新日】2020/10/20

関連記事