• 結婚相談所がはじめての方へ
  • サービスについて
  • 選ばれる理由
  • 店舗情報
  • 婚活体験談
結婚相談所でも結婚できない?うまくいかない原因を段階別に解説!

結婚相談所でも結婚できない?うまくいかない原因を段階別に解説!

【記事公開日】2019/10/4
【最終更新日】2023/11/8

結婚相談所で長く活動しているのに結婚できないという方必見です。

結婚相談所は、効率よく出会い早めに結婚したいという人向けの婚活サービスなので、数年間活動したのに結果が出ないのにはなんらかの原因があります。
しかし、その原因は自分では気づきにくいものでもあります。
第三者からの客観的な意見がとても重要ですが、婚活相談をできる相手がいない場合もあるでしょう。

当ページでは、こういったお悩みに対して、「結婚相談所で結婚できない人の特徴」 「結婚相談所で成功するコツ」 「タイプ別おすすめ結婚相談所」について詳しく説明していきますので、ぜひ参考になさってください。

結婚相談所でのゴールは成婚

結婚相談所を利用する多くの方の最終目標は結婚です。
結婚相談所の退会を迷っている人は、このままでは成婚できないとのではないかという不安感をもっていることがほとんどです。

結婚相談所では成婚者も多いですが、中には出会うことすらできない人、出会っても2回目に続かない人、残念ながら交際の途中で別れてしまうカップルもいます。
退会を考えている人は3つの段階のうちどこで躓いてしまったかによって、今後の活動の方向性が決まるといっていいでしょう。

結婚相談所で結婚できない場合の、段階ごとの原因

結婚相談所で活動していて結婚ができないという人は、以下の3つのうちどの段階で躓いているのかをまず確認しましょう。

①出会えない・お見合いできない
②お見合い後断られる
③交際が続かない

多くの人は、この3つのいずれかで同じ失敗を繰り返しているせいで結婚ができないので、自分がどの段階でうまくいかないのかを把握した上で原因を見ていきましょう。

出会えない・お見合いできない原因

申し込んでも断られてしまう、紹介されてOKを出しても先方からNOがきてしまう、という場合は「プロフィールに魅力がない」「理想が高い」この2つの原因が考えられます。

プロフィールに魅力がない

結婚相談所では、相手のプロフィールを見てお見合いをするかどうか決めます。
プロフィールの魅力次第でお見合いができるかどうか決まるといっても過言ではありません。
まずは以下のチェックポイントを確認してみてください。

自撮りなど写りの悪い写真を使っていないか

結婚相談所では、プロフィール写真で第一印象が決まります。
自撮りの写真や集合写真を切り取ったもの、プライベートの趣味の写真などは「結婚に対する真剣さ」が感じられないため避けましょう。
お見合い写真専門のスタジオや、結婚相談所提携のスタジオを利用することをおすすめします。

結婚相談所は写真が重要!選ばれる写真の撮り方のコツ

自己紹介文は手抜きせずしっかり自己アピールができているか

自己紹介文はあなたの仕事や環境、休日の過ごし方などを具体的に書くことで、相手に安心感を与えます。
その他今楽しんでいる趣味や友人とのかかわり方、将来どんな家庭を築きたいかなども書いておくことをおすすめします。
注意してほしいのは、希望する条件などを記入しないことです。
たとえば、
「両親と同居してくれる相手を希望しています」や「転勤についてきてくれる人と結婚したいです」「専業主婦になりたいので、年収700万円以上の人と出会いたいです」
などは印象が良くありませんので避けた方が良いでしょう。

趣味や特技の蘭を空白にせず記入してあるか

プロフィール蘭は、記入必須項目と記入が自由な項目があります。
記入しなくても大丈夫な蘭もなるべく埋めるようしましょう。
特に趣味や特技の蘭を空白にしていると、面白味がない人だと思われてしまうので、しっかり記入しておいてください。
【例文付き】結婚相談所のプロフィールの書き方を男女別に紹介

理想が高すぎる

分相応という言葉がある通り、高望みばかりしていてはお見合いになる前に断られてしまいます。

男女別にみていくと、

・男性のケース
一回り以上年下の女性にばかり申し込んでいる
容姿で相手を選んでいる

・女性のケース
年収や学歴にこだわっている

このように、相手を年齢や容姿、学歴などで選んでいる方は、自ずと素敵なパートナーに出会う可能性を狭めてしまっています。もちろん、中にはどうしても譲れないポイントもあるかもしれません。しかし、ハードルを高くしてしまうと時間やお金を無駄に浪費してしまうこともあります。

そこで、そうならないためにも、優先順位をつける(妥協点を見つける)ことも大切です。
以上2つの原因に全く心当たりがない、という人は残念ながらステータスの問題も考えられます。

お見合い後に断られる原因

お見合いができているということは、プロフィールには問題がないということですので、お見合いの席での言動を振り返ってみることが必要です。
お見合いが断られる理由としては、ただフィーリングが合わないだけというケースを除き、以下の理由が多くみられます。

写真と実物のギャップが激しかった

写真を加工しすぎてしまった、というケースもたまに見られますが、ほとんどの場合は、服装・髪型・メイクなどをプロに任せたプロフィール写真と、普段の自分にギャップがありすぎることが原因です。
お見合いの時はプロフィール写真と同じレベルまで身なりを整えて臨むようにすると良いでしょう。

会話がなりたたない

なんとか会話を繋げなくてはいけないという焦りからか、職務質問のように一方的に質問を投げかける人がいます。
会話はキャッチボール、という言葉を聞いたことがあると思いますが、一つ質問をしたら相手の答えを待ち、その答えから会話を膨らませていくことが楽しい会話の秘訣です。
一問一答方式では楽しい会話は成り立ちませんので注意です。
また、「何人くらいと会ったのか」「いつから婚活しているのか」「今交際中の人はいるのか」など、婚活状況を詮索するような質問はNGです。聞きたい気持ちはわかりますがぐっとこらえて口にしないように十分気を付けてください。

身だしなみが整っていない

お見合いでは相手と至近距離で話すケースが多いので、顔や髪、服装など細かい部分までチェックされてしまいます。

身だしなみというのはお風呂に入っているから大丈夫ということではありません。体に会ったサイズの服、整えられた爪やムダ毛、綺麗に磨いた靴、綺麗な歯などチェックポイントは多岐に及びます。
気を付けなければいけないのは「匂い」。人は苦手な匂いのそばからは一刻も早く離れたいと考えますので、体臭だけではなくたばこや香水の匂いなども注意する必要があります。

態度が悪い

大きく足を組む、貧乏ゆすりをする、食べ方が汚いなどの所作だけではなく、店員や周囲への態度、言葉遣いなども減点対象になってしまいます。
男性も女性もがさつな相手と交際をしたいとは考えません。洗練された動作をするには日ごろからの習慣が大切になってきますので、普段から気を付けて過ごしておくことが大切です。

お見合いが断られる原因について詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてみてください。
お見合いがうまくいかない人必見!成立しない理由とうまくいくコツ

交際が続かない原因

お見合いから交際成立後、順調であれば仮交際~真剣交際~成婚~結婚と進んでいきます。
しかし、仮交際から真剣交際に進むことができず、新たな相手と出会い~お見合い~仮交際までを何度も繰り返してしまう人がいます。

デート数回で断られてしまう理由は、交際を続けたくないと相手に思わせてしまう言動が原因であることがほとんど。
ただ、同じ言動でも相手によって不快な場合とそうでない場合があるので、自分だけでは理由がわからない人が多いのも事実です。

そこで、ここでは上記のような相性が理由となる交際停止ではなく、どの相手でも断られてしまう原因になるものを男女別に紹介していきます。

交際が続かないときの男性側の原因

①デート中の勘定

現代では割り勘派の女性も多くいますが、初デートに限っては男性が支払った方がスマートです。
というのも、相手の女性が数人と仮交際していた場合、初デートでばっちりエスコートをしてくれて支払いまでスマートに済ませてくれる男性と、数百円単位まで割り勘にする男性とではやはり気持ちは前者に傾いてしまうこともあるでしょう。

もちろん、2回目のデートからは食事を男性が支払ってくれたらお茶代は女性が出すなど、女性側の気づかいも大切ですが、実際に結婚相談所で「すべてのデート代金を割り勘にしてくる」男性は断られる確率が高いことを覚えておくと良いでしょう。

②デートプランが自分中心

相手が興味のない場所にばかり連れていくのはもちろん、毎回デートは仕事帰りに居酒屋に行くだけ、のように相手のことを考えないデートプランを立てていては断られても仕方がないでしょう。
ほかにも、まだ真剣交際になってもいないのに自分の友人知人と会わせるのも女性側からすると「焦っている」ととられてしまいNGです。

③肉体関係を迫る

中にはまだ数回会っただけなのにすぐに自宅へ招こうとしたりお酒の力を借りて肉体関係を迫ったりする男性がいます。
こういった男性は確実に断られるばかりか結婚相談所の会員規約に違反している場合もありますので強制退会になることも少なくありません。

交際が続かないときの女性側の原因

①デートプランは相手まかせ

どこに行きたいかを聞かれた時、毎回どこでもいいと答えるタイプの女性はさまざまな場面でも選択を相手任せにしてしまいます。
相手に気を使ってそう言ってしまう場合が多いのですが、結婚相手として見た場合、結婚後も全ての場面で自分に頼ってくるのではないかと男性側が不安に思ってしまいます。
そのため、断られてしまうケースもよくありますので、心当たりのある方は注意してください。

②男性側におごってもらって当然という態度をとる

デート中に費用が発生する場合の支払いは男性側がするのが当然だと考えている女性が稀にいます。こういった女性は支払い時に払うそぶりも見せず、感謝の言葉も口にしないことが多いので態度を改める必要があります。
最近では割り勘派の女性も増えてきていますので、男性がごちそうしてくれるのはあくまでも特別サービスだと考え感謝の気持ちを持つことと、できる範囲でのお返しをすることが好印象をもってもらうことにつながります。

③身辺調査はほどほどに

女性の中には、交際成立して間もないころから相手の詳細な情報を聞き出そうとする人がいます。相手が現在勤めている企業情報、詳細な学歴、家族の職業、持ち家か賃貸か・・・結婚を前提としたお付き合いですから、こういった情報を聞きたい気持は理解できますが、あまりにも露骨すぎるのはNGです。

交際が続かないときの男女共通の原因

①結婚後のライフスタイルの押しつけ

例として、「両親との同居は絶対条件」「転勤はしないでほしい」「仕事を辞めたいから専業主婦になりたい」「子供は絶対に2人ほしい」「毎週末趣味で出かけるのは譲れない」など、「絶対に〇〇」という譲れない条件があればあるほど相手から結婚相手には向かないと思われてしまいます。

結婚相談所は結婚を前提とした出会いであるため、結婚後についても早いうちに相手とすり合わせできることが利点のひとつではありますが、あまりにも自分の意見を通そうとすると相手の気持ちが離れてしまう大きな原因になります。

結婚相談所でも結婚できない人が注意するポイント

ここまで結婚相談所で活動しても結婚できない人の特徴を紹介してきました。
ここからは、結婚相談所で成功するコツ、結婚できない人が注意するポイントを説明していきます。

成婚できない原因を知ることが大切

お見合いができないのか、お見合い成立しないのか、交際が進展しないのか、それぞれのステージで対処法が違ってくることは最初にご説明したのでもうご理解いただけたと思います。
しかし、結婚相談所で活動しているのに結婚ができないと悩んでいる人の多くは「何をどうしたらいいのかわからない」状態でしょう。
まずは、自分がどこでつまづいているのかを明確にした上で、可能なら担当スタッフにアドバイスを求めてみることが解決の近道です。

【注意するポイント】
結婚相談所の中には、担当者が数多くの会員を抱えていて、一人ひとりの状況を把握することは難しい場合があります。
その場合自力で苦手部分を克服する必要がありますので、婚活セミナーなどを利用してみると良いでしょう。

迷わない心が大切。決断力を身に着ける

多く出会えば出会うほど「この人と結婚して本当に大丈夫なのか」と不安になってしまうものですが、後から考えて断った相手が一番良かった、となるケースは多々。
「今目の前にいる相手のことを一番に考える」
簡単なようで難しいことですが、結婚をしている人は必ずどこかで「決断」をしています。優柔不断だと自覚している人は特に「決断力」を身に着けるようにしてみてください。

【注意するポイント】
いきなり決断力を身に着けるのは簡単ではありません。日ごろからなるべく迷う時間を少なくすることも大切ですが、信頼できる人に迷いを打ち明け相談することができればそれが一番良いでしょう。
嫉妬や偏見のない第三者で、できれば婚活経験者が適任です。

迷った時には担当スタッフに相談する

こんな小さなことで・・・と遠慮せずに積極的に相談することをおすすめします。
というのも、結婚相談所を利用する一番のメリットが「相談しながら婚活できること」だからです。
特に相談した方が良い例として、
・お見合いに不安がある場合
・仮交際から真剣交際にうつるタイミング
・プロポーズ前の意思確認
があげられます。

【注意するポイント】
スタッフからのアドバイスを受け入れず、「無理」「できない」と諦めるのではなく、小さなできることから少しずつ変えていきましょう。

希望サービス別結婚相談所選び

結婚相談所で結婚ができない人の特徴、結婚相談所で成功するコツと注意点、を見てきました。次はタイプ別おすすめ結婚相談所をご紹介します。

なるべく担当に相談しながら活動したい

【おすすめ結婚相談所:仲人型】
小さな悩みや不安でも担当に相談しながら活動したい方には
仲人型結婚相談所をお勧めします。
仲人型であれば専任担当がついてくれることが多く、気軽に何度でも相談することができます。

自分の好みは妥協したくない

【おすすめ結婚相談所:データマッチング型】
好みを一切妥協したくないと考えている方は、データマッチング型で自分の好みを追求してみると良いかもしれません。
数多く会えるデータマッチング型であれば、それだけ好みの人と出会う確率も高くなります。

コストを抑えて活動したい

【おすすめ結婚相談所:インターネット型】
インターネット型の魅力は価格控えめで多くの人と出会えるところです。登録方法はインターネットで完結しますし、婚活アプリと同じようなシステムなので、登録している人の中から自由に探すことができます。
近くに結婚相談所がないという方も、手続きすべてがインターネットでできるところは魅力ですね。

異性とのやり取りが苦手なので教えてくれる相談所がいい

【おすすめ結婚相談所:婚活講座を受けられる結婚相談所】
異性とのやり取りが苦手な方は、お見合い、交際、成婚、それぞれのステージで細かくアドバイスをしてくれる仲人型も良いでしょう。
また、婚活講座を豊富に用意している結婚相談所も悩みや不安を解決するのに一役かってくれますのでおすすめです。

仕事がとにかく忙しい

【おすすめ結婚相談所:仲人型】
仕事で忙しい方は、相手とのお見合い調整や複数交際中の相手とのやり取りなどに時間を割くことができず、せっかく出会った相手に断られてしまうケースを多々みかけます。
時間調整が難しい場合は仲人型結婚相談所を選ぶことで、お見合いの日時、場所の調整、交際相手の意思確認など、幅広くサポートしてもらえるのでおすすめです。

相手の職業や学歴にこだわりがある

【おすすめ結婚相談所:専門性のある結婚相談所】
医者と結婚したい、モデルをしている女性と結婚したい、あの大学を出た人と結婚したい、など、職業や学歴にこだわりがある人には、専門性のある結婚相談所をおすすめします。インターネットで探してみると、医者専門や希望大学卒の人のみが登録できる結婚相談所もあります。また、職業や学歴にどうしてもこだわらたい場合、知人などに紹介してもらうのも良いでしょう。

来店予約

サンマリエ公式サイト

まとめ

もし現在結婚相談所で活動をしていて、思ったような成果が出ていないのでしたら、この記事を参考に婚活環境を整えてみてはいかがでしょうか。

それでもどうしてもうまくいかない・・・となる場合はその結婚相談所があなたに合っていないのかもしれません。
多くの結婚相談所が「乗り換え割引」を用意していますので、いくつかの結婚相談所をピックアップして説明を聞きにいってみるのもよいでしょう。

こちらの記事もぜひ参考にしてみてくださいね。
仲人が教える結婚相談所の選び方!種類や特徴、会員数から丁寧に解説


婚活診断テスト カジュアル面談 無料診断・相談はこちら 婚活診断テスト カジュアル面談 無料診断・相談はこちら
昭和56年創業
「結婚相談所サンマリエ」
東証プライム上場グループが
運営する優良結婚相談所
業界最大級の8万人以上の婚活中の会員から自由にお見合い相手を探せます。
真剣な出会いをお探しでしたら、ぜひお問い合わせください。
※IBJの加盟会員数を含みます。2023年10月実績(86,403名)

セキュリティ対策

安心して活動できる結婚相談所を目指して、JMICの倫理綱領・自主規制基準順守やセキュリティ対策に取り組んでいます。

サンマリエは、大切な個人情報を保護することを目的にプライバシーマークを取得しています。
JMICマーク プライバシーマーク

全国の店舗一覧

東北
中部・東海
関西・近畿
中国地方・四国