結婚に迷う時はどうするべき?よくある理由と解決方法を徹底解説

結婚に迷う時はどうするべき?よくある理由と解決方法を徹底解説

【記事公開日】2021/6/16
【最終更新日】2023/11/8

「彼氏・彼女との結婚が決まったけれど、なぜか結婚に迷う気持ちがある…」

このような悩みを抱えている人はいませんか?

「マリッジブルー」という言葉もあるように、結婚が決まって不安になったり、結婚に迷う気持ちが生まれたりするのは、男女問わず決して不思議なことではありません。

とはいえ、せっかく結婚が決まったからには迷う気持ちをスッキリさせたいですよね。

そこでこの記事では、結婚に迷う人によくある理由と解決方法を解説していきます。

「結婚に迷う時はどうすればいい?」
「結婚に迷う気持ちをスッキリさせたい」

という人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

結婚に迷うのはなぜ?結婚に迷う人にありがちな理由5選

彼氏・彼女との結婚に迷う気持ちが生まれたら、まずは自分が結婚に迷う理由を一旦冷静になって考えてみましょう。

結婚に迷う気持ちがありながら結婚してしまうと、その後の結婚生活が上手くいかなくなる原因にもなります。

また、結婚に迷う気持ちがあるからといって、安易にパートナーとの別れを選択してしまうと「やっぱり別れなければよかった…」と、取り返しがつかなくなってしまうことも。

とはいえ「なぜ結婚に迷っているのか、自分でもよくわからない」という人もいるでしょう。そこで参考までに、実際に結婚に迷う人のよくある理由を5つ紹介します。

(1)他にもっといい人がいるかもしれないという迷い
(2)他人と生活を共にする自信がない
(3)結婚で今の仕事のキャリアを諦めなければならない
(4)結婚相手の家族とうまくやれる自信がない
(5)結婚相手との金銭感覚の違い

何となく思い当たる理由は見つかりましたか?

ここからは、それぞれの理由を掘り下げつつ、具体的な解決方法について詳しく解説していきます。思い当たる理由がある方もそうでない方も、ヒントにしてみてくださいね。

他にもっといい人がいるかもしれないという迷い

たとえ大好きな彼氏・彼女であっても、いざ結婚となると

「本当にこの人と結婚してよいのだろうか」
「もっと自分に合う相手がいるのではないか」

などと考えてしまい、結婚に迷ってしまう人は少なくありません。

特に恋愛経験が多い人ほど、過去の相手と比較してしまいがちです。反対に過去の交際人数が少ない人であれば「他にもっといい人がいるのではないか」と、なかなか結婚に踏み切れないケースもあるでしょう。

このように「本当にこの人でいいのだろうか」という迷いを感じた時は、自分の目の前にいるパートナーとしっかり向き合ってみましょう。

実在しない「理想の相手」を追い求めるあまり、結婚のチャンスを逃してしまったり、「あの人と結婚しておけばよかった」と後悔したりするケースは実は多いのです。

あなたのそばにいてくれる今の相手を大切にし、信じることも大切ですよ。

他人と生活をともにする自信がない

一人暮らしや実家暮らしが長い人の場合、「他人と生活をともにする自信がない」という理由で結婚に迷うこともあるでしょう。

特に自分の時間を自由に楽しんできた人や、今まで実家を出たことがない人であれば、なおさら不安に感じるかもしれませんね。

解決方法としては、結婚前に期間を決めて同棲してみるのがよいでしょう。

一緒に住むことでお互いの生活スタイルも分かりますし、他人との共同生活にも慣れることができます。また、同棲期間中にお金のやりくりや家事分担について話し合っておくことで、スムーズに結婚生活に移行できるでしょう。

なお、同棲する際には必ず事前に期間を決めておくことがポイントです。

期間を決めておかないと、同棲期間だけがダラダラと長引いてしまい、結婚の機会を逃してしまう恐れがあるからです。期間はあまり長くなりすぎないように、数ヶ月から半年程度がよいでしょう。

また、「実家を出たことがなく、家事などができるか不安…」という人で、結婚までに時間的猶予がある場合は、この機会に一人暮らしをしてみるのもおすすめですよ。

しっかりと自活できるようになれば、パートナーにも安心してもらえますよ。

今の仕事のキャリアを諦めなければならない

結婚することによって「今の仕事のキャリアを諦めなければならない」という理由で、結婚に迷う人もいるでしょう。

特に女性は妊娠・出産によって休職が必要になったり、相手男性の転勤によって今の仕事を退職せざるを得なくなったりするケースもあるでしょう。ですから今の仕事にやりがいを感じていたり、キャリアアップを望んでいる女性にとっては悩ましい問題と言えます。

いざ結婚してから困らないように、結婚前にお互いの仕事についてしっかりと話し合いをすることが大切です。

特にパートナーが転勤の可能性がある職場に勤めている場合、

・転勤を免除してもらうことは可能か
・転勤の少ない部署へ移動することは可能か
・単身赴任をしてでも転勤をする意志があるか

など、あらかじめしっかりと確認しておきましょう。また、子供を希望する場合は、子供ができてからの働き方なども早めに話し合っておくことをおすすめします。

結婚相手の家族とうまくやれる自信がない

結婚相手の家族によい印象を持てなかったり、相性が合わないと感じたりした場合に結婚を迷う人も少なくありません。

もし結婚相手の家族との関係に不安を感じた場合、まずはどんな部分が引っかかっているのかを明確にしてみましょう。

そして不安に感じていることを結婚相手に伝えてみて、反応を見てみること。

結婚相手があなたの不安に理解を示してくれたり、間を取り持ってくれたりするようであれば、多少相手の家族に気になることがあっても上手くやっていけるかもしれません。

ただし、もし「それくらい我慢してほしい」とあなたに我慢を強いたり、自分の家族のことばかり大切にしたりするようだと、結婚後に苦労する恐れもあります。

結婚は当人同士の意志が大切なのはもちろんですが、家族同士の関係も無視できない問題です。

結婚前にお互いの家族同士の付き合い方や同居、介護についてもしっかりと話し合ってクリアしておきましょう。

結婚相手との金銭感覚の違い

結婚相手との金銭感覚の違いを感じて、結婚に迷う人もいるでしょう。

お互いの金銭感覚がズレていると、なかなか貯金が増えなかったり、言い争いの元になったりと結婚生活に支障をきたす恐れがあります。

そのため結婚相手が借金をしていないか、浪費癖はないか、ギャンブルに依存していないかなどは最低限確認しておきましょう。

また、生活費の分担やお金のやりくりについても、結婚前にしっかり話し合ってルールを決めておくとよいですよ。

例えば、

・毎月の貯蓄額を決めておき、貯蓄には手を付けないようにする
・家賃や光熱費の分担は、収入が多い方が少し負担する
・欲しいものがある場合は、相談してから購入する
・生活費や貯蓄以外の自由なお金は、趣味に使ってもよいことにする

など、お互いに無理のない範囲でルールを決めましょう。

金銭感覚などの価値観は完全に一致しなくとも、お互いに歩み寄ることが大切です。結婚前にしっかりと話し合っておきましょう。

結婚に迷う気持ちが消えないときは?対処方法を3つ紹介

ここまで結婚に迷う人に多い理由と解決方法についてお話ししました。

しかし、紹介した理由以外で結婚に迷う人や「明確な理由がないけど結婚することが不安…」という人もいるでしょう。

ここでは、そんな結婚に対するモヤモヤとした迷いが消えないときの対処方法を3つ紹介します。

自分の気持ちをマインドマップ形式で紙に書き出してみる

「明確な理由があるわけではないけれど、何となく結婚に迷いがあってモヤモヤする」というときは、自分の気持ちを紙に書き出してみるとよいですよ。

A4以上の大きな紙を用意して、今の素直な気持ちを書き出してみましょう。なお、自分の気持ちを書き出す際にはマインドマップ形式がおすすめです。

マインドマップとは、紙の中心にテーマを書いて、そこから思いつくままに自分の考えを放射線状に書いていく思考の整理方法です。
※参考:マインドマップ - Wikipedia

例えば結婚に迷う気持ちを明確にしたい場合は「なぜ結婚に迷うのか」をテーマに置くとよいでしょう。
なお、マインドマップには専用アプリもいくつかあるので、興味がある人は「マインドマップ」で検索してみてください。

思っていることを素直に書き出すことで、自分の気持ちを客観的に見ることができるというメリットがあります。そして、自分でも気が付かなかった結婚に迷う理由や解決策が見えてくるかもしれませんよ。

結婚している友人に相談してみる

「結婚生活そのものに何となく不安を感じている」という場合は、結婚している友人に相談してみるのもよいでしょう。

実際の結婚生活の様子や、夫婦で困りごとがあったときはどう対処しているかなど、不安なことを聞いてみましょう。経験者から話を聞くことで、不安な気持ちを和らげることができますよ。

なお、相談する際は複数人の友人に話を聞くことをおすすめします。その方が色々な角度から結婚生活をイメージできるからです。

また、「結婚は墓場だよ」「結婚はおすすめしない」といった極端にネガティブな意見はあまり気にしすぎないようにしましょう。

パートナーに不安な気持ちを打ち明けてみる

結婚に迷いがあるときは、不安な気持ちを思い切ってパートナーに打ち明けてみるのも一つの手段です。
なお、パートナーに相談するときは一方的に不満をぶつけたり、感情的にならないように注意が必要です。自分の気持ちを落ち着けてから「こういう不安があるんだけど、どうすればいいかな」と冷静に話を切り出しましょう。

一人で抱え込むよりも、パートナーに話を聞いてもらうだけでも気持ちが楽になることもありますよ。親身に相談に乗ってくれるバートナーであれば、結婚してからも安心できるでしょう。

婚活診断


まとめ|結婚に迷うのは当然のこと

結婚は人生において重要な選択ですから、多かれ少なかれ迷う気持ちがあって当然です。

いずれにせよ、まずは結婚に迷う理由を明確にすることが大切です。そして自分の気持ちを客観的に見つめ直して冷静になりましょう。

それでも迷う気持ちが消えないのであれば、一人で抱え込まずにパートナーや信頼できる友人に相談して、解決方法を見つけていきましょう。

そうすることで、結婚への迷いも少しずつ解消していくはずですよ。


昭和56年創業
「結婚相談所サンマリエ」
東証プライム上場グループが
運営する優良結婚相談所
業界最大級の8万人以上の婚活中の会員から自由にお見合い相手を探せます。
真剣な出会いをお探しでしたら、ぜひお問い合わせください。
※IBJの加盟会員数を含みます。2023年10月実績(86,403名)

セキュリティ対策

安心して活動できる結婚相談所を目指して、JMICの倫理綱領・自主規制基準順守やセキュリティ対策に取り組んでいます。

サンマリエは、大切な個人情報を保護することを目的にプライバシーマークを取得しています。
JMICマーク プライバシーマーク